俺得やる夫やらまとめ

やる夫スレまとめblog 2011年4/28開設 エログロ等ジャンルを問わずまとめたいのでアダルトカテゴリです。
 最新記事     やる夫系RSSリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とりあえず世界が終わるまで ボーナストラック・たぶん駄文の埋めネタ分

929 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:13:01 ID:XFNze2bg

埋めるよ!
埋めネタなのに次スレに少しはみ出しちゃうよ!

本編に影響しないネタなので興味ないやな感じなら
遠慮なく次スレへどうぞ。

次スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1321013510/


930 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:13:19 ID:XFNze2bg




                       とりあえず世界が終わるまで
                       ━━━━━━━━━━━━
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         ,- 、          |  ┓ ユ    |                     |             |
          /   !            |  宇 ニ  す |                |      音     |
        /   /      , - 、    |     ヴ  な |                l               |
      r‐、ト  l    /  ノ   |  宙 ァ  わ !                |     楽     |
      !  !  |   /   /     l ┗  |  ち |                   |.             !       f¨ヽ  r‐ 、
      ノ  l.  | /   /        !  !!! ス      |.     , r ' ⌒ ヽ、       l     と     |         l   ', !  ',
    〈  .l   l./   /,..-‐ ''"´ )\________,.く .  /       ヽ,    .|     は      !. _        |   l ',.  ',
    ',  ,!  ,/   /    ,.>'´            /       ,,ヽ、_ヽ   >、________/  ! `ー- 、   !.  | |   l,.-‐ 、
     レ    〈   '    >'´               |     __,ノ 彡(○ )                   ヽ、.._  ヽ、 |   l. |  l. /
      | ヽ          '´ ̄ ̄⌒丶、          ,  |    (○ ) 彡  | `ー- 、                \  ヽi.   lノ  l./
     ',   ` ー  、_ ,ァ‐一ー-、__,!       ,. -‐'"  |         入,__)     ヽ          ___ヽ  ヽ  '   l'
     ',          {           /      |      ゙'ー'´   、      ト、       r‐'´    `  _, -' ´l
      ',        ,!、        /、      ,.  |       ゙ヽ、__ノ ^ヘ     l ト、       `ー ' ´ ̄}  `´       !
      ',        ノ`ハ          ノ ヽ   /  |. ヽ、         /  ハ   !  イ        ,r,=i           !
       くヽ、__ .. -‐'^}/ ',        ,! i   ヽ     |   |. ヽ、       ノl    V , レ' ,ハ       /(. ト          !
         |`ー‐    /   ',      r'   !  V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l         / `くヽ、      ,'
         ト,____,/     ',    ノ^ヽ  !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !      /    `ヽ、 ー- イ、
.       /八。./       ',  /     、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l     /        ヽtーァヘヽ
      l lii/            ',/         `ヽヘ !     ハ.   ル' |l  /   \ |   ,   ヘ. /            ヾ'|i|!l |
      ノノ/               V            >イ└─ー-/ ヽ, ,! |V      \ ノ     レ'             ヽli;l !
     .///  /´〉        ヽ、 、     /  }ヽー   /    ∨   レ'        /   ,.ィ"               ,、 r、 Yr'
    〈_'_   ー' /゙〉         ヾ ヾ  /     ヽ   /      ヽ/       / |   '´ /            ,、.「儿j U _'」
      `ヽ、 ー'/〉_           ! l ∨        l   ヽ、__ /,. -''"´ ̄丁`ヽ、トv' / l'           Y ,. -‐''"´
          \ "〈/        リ  |       〈ヽ、     // /      !    V { '         ,. -‐



                                         ボーナストラック・たぶん駄文の埋めネタ分
                                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

..

931 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:13:31 ID:XFNze2bg






   ┌──────────────────┐
   │                           .│
   │    1.戦争をもたらすもの        .│
   │    2.運命の力             .....│
   │    3.全ての山を越えて         .│
   │    4.いつか王子様が           .│/ ̄ ̄\
   │    5.我が祖国             .....│ _ノ  \\
   │    6.Man in the mirror         ..│( ●) (●)|    各話のサブタイトルに注目。
   │    7.断頭台への行進          │ (__人__)  |
   │    8.眠れる美女            ....│  ` ⌒´  |    ご覧のとおり何らかの曲のタイトルをお借りしている。
   │    9.プリティウーマン         .....│       }
   │    10.英雄                ...│       }
   │    11.悲劇的序曲             │ヽ___  ノ
   │    12.Imperial march           .(_____ノ´
   │    13.Allegro vivo              .(_ノ /
   │    14.破滅への使者           │/
   │    15.新世界より             │
   │                           .│
   └──────────────────┘


.

932 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:13:46 ID:XFNze2bg



                           ┌──────────────────┐
                           │                           .│
                           │    1.火星                 .│
                           │    2.運命の力             .....│
                           │    3.全ての山を越えて         .│
                           │    4.いつか王子様が           .│
                           │    5.我が祖国             .....│
                           │    6.Man in the mirror         ..│
                           │    7.断頭台への行進          │
                           │    8.眠れる美女            ....│
                           │    9.プリティウーマン         .....│
                           │    10.英雄                ...│
                     /7.       │    11.悲劇的序曲             │
                       //        │    12.Imperial march           .│
                   //.         │    13.Aregro vivo             .│
             __    //          │    14.破滅への使者           │
      .    /ノ ヽ\ .//.           │    15.新世界より             │
      .   / (●)(●〉/            │                           .│
        l    (__人_,//l             └──────────────────┘
      .  |    `⌒// ノ
         l       // ./
      .   ヽ r-‐''7/)/       といっても半分以上はクラシックから引用しているので
          / と'_{'´ヽ       元ネタを知らない人も多いだろう。
          /  _.、__〉 ト,
          {  、__}  |.i       なので適当に喋ることにした。
          ヽ _,.フ  .|.|









         / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、_ \
      . | ( ●)(● ) |       まあコレを読んでも何一つ分かるとは思えないが。
      . |  (__人__)  │
        |   `⌒ ´   |
      .  |           |
      .  ヽ       /        感性に任せて聞いたほうがよほど楽しいと思う。
         ヽ      /
         >     <
         |      |
          |      |




.

933 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:14:02 ID:XFNze2bg



                   ┌──────────────────────────
                   │
                   │                 ,.  -─_-_  .. _____
                   │               ∠ -‐''"´     ̄ ̄`ー '"´ ̄ ̄ ̄ ̄
                   │          /  __ .. -- .. _
                   │   .        / ,.<L人___          ,. -─- ... __
                   │        /{_/⌒ヾ> .  `フ7 ー---‐ '´
                   │      , '^Y     }   ` く /
                   │   .   /廴,ノ    /     ヽ.
                   │     {      , '       ',      気合入れて読もうという人は眠れない秋の夜長に
                   │   .  '.    ,. '            }     暖かいコーヒーでも淹れて、BGMを拾いながら
                   │       ゙ァrr ´           /      のんびり眺めるといいだろう。
                   │       Lrヘ.             , '
                   │      ;;;;   ヽ、         /
                   │     ;;;;     `   --‐ '´
                   └──────────────────────────







┌──────────────────────────────────
│                       __
│                          /    ヽ
│                     i_.ノ 、_ i
│                        (●(●). |        それではスタート。
│                     |(人__) iハ
│                     ヽ___.ノ./:ilヽ、
│     (⌒,                /:i><./.: .:.:.:.:..ヽ
│      ヽ               j:!/i'´ヘ/.:.:.:/⌒`
│        )               ,i!/! ̄:.:.:/'.:.:.:.:.:.:i
│      , _' _、              .j'.:.:.:.:.:.:.:.:.j'.:.:.:.:.:.:.:.i
│:: : : : : 《〕ー--イ` <        /j.:.:.:.:.:.:.:.:.f.:.:.:.:.:.:.:Y
│:...: : (´ `ゝ--<δ)::.`<    _/.,j°.:.:.:.:.:..:.j.:.:.:.:.:.:.:.:j
│: : : : ` ー── ´ : : : : _> r'´ Y j.:.:.:.:.:.:.:.:_f.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
│>ー――==≦ ̄ ̄  .ト、!゙_f_j゙.:.:.:.:.:.::::j、ヽ、_:.:.:.:.:.;!
│        !ソ´     _,..ー<`li:.:.:.;>.:`:.:.:ヾ!.:.:.:.:/
│         >..:≦、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ!/.:.:.:.:.:.:.:.:.:j>ーナ
│       /゙:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ/.:.:.:.:.:.:.:.;>".:.:r'´
│       .:.:.l!:.:.:.:.:.:.:..ゝ:..、:._r'´ `ヾ:.:.:.>ヘ:.:.:.:.:.j
│     /.:.:.:.!:.:、:.ヽ>ーf¨ `i@j>´.:.`´.:.:.:.:.:.゙:;/
│     /.:.:./.:!.:.ヾ{ー゙   i_r //.:.:.:.:.:.:.:.-.:フ
│     .:.:.:..:.:./.:.:jリ`    У彡".:.:.:.:.:.:-ナ^′
│   /.:.:.:.:.:.:.:.:./     i/≧三≦、r-'′
│   /.:.:.:.:.:.:.:.:/      !:.:.:.:.:.:.:.:.:≧゙ヽ、
│  j:.:.:.:.:.:.:.:.:/         \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.\
│  /.:.:.!i.:.:.:.:/            i\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..、
└──────────────────────────────────

.

934 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:14:15 ID:XFNze2bg



 ┌────────────┐
 │  1.戦争をもたらす者   .│
 └─http://www.youtube.com/watch?v=AGGlL1wexQk


                      ┌───────────────────────────┐
                      │                    _..........,,,                  │
                      │         l\    _..-'´:::::::::::::::::゙''''''''ー..、             .│
                      │         ヽ:::.^'''''"゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\            │
                      │        ,/,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\            │
                      │          iレソ゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          │
                      │       l./:::::::::::::::::::::::::::::::::,..、.i.iヽ.:、:::::::::::::::::::::::::i          .│
                      │        |:::::,〃:::::::::::::::.,-/"/..!  |ヽ.ヽ:::::::::::::::::::::::i        ....│
                      │        l ! !:、::::::::::::/l .l゙ .| |_/.|/ |ノ\::::::::::::::::::::i        ...│
                      │       .,, l! |,!|::::i:::::/,、|=|ミ|、|0/|,、r==、.|ヽ、::::::::::::i       .....│
                      │       l゙ ! .゙ .ハ;;;l::::|' ヘヒ''} ..`|'゛ ノ ヒ,'ツ/ヘ::::::::::::::::::i        │
                      │  .,,,、   ! ! .,, ィノl`-..l'`~~  ii   ~~`/_/:::::::::::::::::::::i        │
                      │  ゙'-二"''''.l、.!/.! .|.l .l  ヽ   .'iニ'    ,/ `'''- ....,,,::::::::i       │
                      │   ,,, ->  ゙'.l...l.l .l   `''i、,   ...;;ゞ    .,/,..ソ-- i      ..│
                      │  .'゙‐''''ニゝ    ヽ.l゙!,..l   |、`'‐'゙./    ._/∠―--/:::i      │
                   ,, -‐ 、│  ∠-‐'" ̄ヽ   `ッヽ.\ ! ." ''/"._,, ‐''゙_r/―'''''''''''./:::::::i ※イメージ
                  /'    ヽ         l|.\、  .ヽ\`イ ., !ー',゙∠_,゙´/     /::::::::::::i   .....│
       / ̄ ̄\      ./      i       /::!  .!ヽ  .ヽ.ミ|,,,゙-'!'"´  フ     ./::::::::::::::::::::i   ..│
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i...──────────────────────────┘
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/      第一話のサブタイトルは「戦争をもたらすもの」
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/        英国人グスタフ・ホルストが作曲した 「組曲『惑星』 」 の一曲目、
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|         「 火星 ~戦争をもたらす者~ 」 だ。
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i        制作年は1914~16年、第一次世界大戦まっさかりのころだな
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ



.

935 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:14:28 ID:XFNze2bg


           イングランドの詳細地図 ↓

                     _ ,-,    ,-、
                   >┘_'´   _ <  '^>~ー- ゞ
                  -'__!='    .,>`巛`i/彡  _ζ
                〃_,     <^oゝ ミ ' _彡'´
                //  z'y')ッ ,_! \ヾーl´=-,
                〈/   f._ゝ._'=゜o三从マ-´-'´`ー- ,._
                  〆    o ≧'々  ≧=  l,  | |. |ノ7 フ     イギリスの作曲家って言えばこのホルストと
                 _  _,..,_ニ^ ,、/ ',ヾ,、_ | |_冫-`、ツ
                〃´マゝ、勾.,〈 / |`l ソ 从从ノ `l:::::/´      『 威風堂々 』 のエルガーさえ覚えておけば十分だ
                  =ユ-ゝ -=/,,,,,,´~,'´ェュ''´ェュl lノ
                 _ - ,. -廴::'ソ'( i' ,,,,,,  ,,//                    / ̄ ̄\
                ノフ_'ン 玄i´,/巛_ー`-,  .' ノゝ                rヽ  / ノ  \ \
                 ⊿ ,ξ !! (~)^,) ̄ll ヾ.´_,、                i !  |  (●)(●) |
             _o、   μ' (〉 ソ,´`ヽ、 〉@、 `ヽ           r;r‐r/ |.   |  (__人__)  |
            ,i'´`@O@@    _`〃{ `ヽl / _-、_ ,ミ`l.、         〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
        ,.-='´( ◎八薔 `,  〈|l´巛 .〉___ヽ,ξ`_l!'i,`i|          l` ( ``/ .  |        }
       (__ / 〆〉 @※乂冫   ヾ从}Y´,_,、)_'^ソ、 ,〉' ノ|          ヽ   l  .  ヽ       }
         `´  ゝ,; `Yル ソ      '^~ ,i'^`~、 ヽ/ /、l           |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ
             \i,- ´      ノ!   i'´  ::::::i` 、_ /ニメ_
                     '-'´    〉 一'´ソ___ -'´ヽ',
                          フ::::::::ソ,/  /⌒l  | '┐ ←マンチェスター
                          }__ノ,'/   l.   |  l iゝ,
                      ,ャォ       i-'´ ;′ ノ   ,'  ! l.「
                   `=´-‐==,..へゝ'´  ノ,  ,  /-=!、}
                    -='-ヘ::::::::::::::::`i,   ' / / / ノ !ヽ.
                      i'’:::::iー-':::l   ,..,'  / / ,/  ! ',
                        丿:::::::| `i::::(_ノ:::`,´  ノ. ,'  .ノ,,-´
              ___,,.. -一'´ \| ノ、ri::::::::::::::ノ  / .i:   |ー-'´`ー-、
              、)i^i Y⌒',. i⌒l .!、 ソ {⌒i:::l´  /  |:.,  `i⌒ヽ   丶
                `ー⌒l  ', l   ~` ´r‐´,´i:、_(__ !:;'    l  _,-、 ノ
                       `ー'|_ ヽ__ノ_,,., )` ´ ,'::r-、:::::ゝ     |,-'´  Y
                       __ ^ー',...-'´( r-、 ー'∈'::_:l    _ノ:::_::::,-'´
               ,―'i `i `ー'  __ `´  lУ.n、'::2`,!-'´:::::_ゝ^´
              _,.ノ.   ゝ、'-'~`、i´ i r'- ) ,-y' ,!:::::::::::::; '´(_ _
         _,,..ノ ,.,__,..,   ,, -ー-、.., '-'‐ ヽ_,、, ~::::;''´ン゚_,ノ´ノノソ
            ''''ーu´''´   `・,_r'     ~ー⌒~   `'-=‐-、_  _,.. -‐'
                                   `´



.

936 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:14:41 ID:XFNze2bg


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
     ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
      ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
    ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
    /       ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
   ,'            ヽ...:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  __                    ゙;
  ,'            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~   (:::::::/                   :,
  ,i            ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(    ノ::::/                    ;
  i             `.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   .|::::|                     i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \   ,.:┐    水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星の
        .( ●)( ●)  ..| / |    7曲からなる組曲で、当時はまだ冥王星は発見されていなかったんだ。
        (__人__)     .|./   /
         i⌒ ´ .r-、  |/  /       1930年にその冥王星も発見されると、ホルストは8曲目の作曲に
         {     ヽ, ',. .,/ :/',        取り掛かったが、脳卒中で倒れてしまい完成することは無かった。
         .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
          .ヽ . |   / , --'i|
          /   {  V , --ヘ
          |   ヽ  L| r= |







               / ̄ ̄\       のち、2000年にホルスト協会の理事、コリン・マシューズによって
             / ノ  \ \      冥王星が作曲され、補完された。
             |  (●)(●) |
.             |  (__人__) .|      実際この 「 冥王星付き 」 はイギリスではよく好まれ演奏されたらしいが、
        r、      |   ` ⌒´  .|      2006年8月24日には冥王星は惑星から除外。
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
     \\\ヽ}    ヽ     /      偶然にもこの前日に日本で発売されたベルリンフィル演奏の「冥王星付き」は
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ      5日間で1万枚売れたらしい。
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|       俺も後日買った。
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´


..

937 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:14:52 ID:XFNze2bg






          ┌─────────────────┐
          |                            |
          │   火星~戦争をもたらすもの~    │
          |.         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |
          └──────/7──────────┘
                        //
                    //
              __    //
       .    /ノ ヽ\ .//
       .   / (●)(●〉/       ところで賢明な読者諸兄はすでにお気づきになっているだろう
         l    (__人_,//l        妙に厨二心が刺激されるこの部分。
       .  |    `⌒// ノ
          l       // ./        これはローマ神話に基づくものである。
       .   ヽ r-‐''7/)/
           / と'_{'´ヽ
           /  _.、__〉 ト,
           {  、__}  |.i
           ヽ _,.フ  .|.|






                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (●)(●) |         なぜローマ神話?そうお思いの方も多いだろう。
.                |  (__人__) .|
                 |   ` ⌒´  ノ         それは『 惑星 』 という曲は天文ではなく
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }          占星術より着想を得ているために他ならない。
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).     よってそれぞれの惑星と結び付けられた
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、   神々がその副題に入っている。
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´







        / ̄ ̄\      この副題は以下のとおり各曲に設けられている。
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)    また、地球が無いのも占星術由来だからだ。
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ                  .┌───────────────┐
     .  |         }                      │ 1.火星、戦争をもたらす者     .│
     .  ヽ        }                   │ 2.金星、平和をもたらす者     .│
        ヽ     ノ    ビシッ              │ 3.水星、翼のある使者       │
        /    く__,-ュ__   て.           │ 4.木星、快楽をもたらす者     .│
        |    ___ 三)  (            │ 5.土星、老いをもたらす者    .│
         |    |       ̄   ´             │ 6.天王星、魔術師        ....│
                                 │ 7.海王星、神秘主義者       .│
                                 ├───────────────┤
                                 │ 8.冥王星、再生する者       │
                                 └───────────────┘




.

938 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:15:05 ID:XFNze2bg




         / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、_ \
      . | ( ●)(● ) |       さて、この曲の面白い部分はズバリ
      . |  (__人__)  │
        |   `⌒ ´   |        「20世紀以後に作られた曲なのに親しまれている」というところだ。
      .  |           |
      .  ヽ       /
         ヽ      /
         >     <
         |      |
          |      |



.

939 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:15:22 ID:XFNze2bg





                  / ̄ ̄\                   オーケストラ        クラシック
                / _ノ  .ヽ、\        20世紀以後の管弦楽曲はもはや 『 古典 』 ではない。
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|        現代音楽に分類される。
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、       なんでクラシックじゃなくなった?
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、     モーツァルトやベートーベンをはじめとした
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)    諸先生方があらかたやりつくしちまったのさ
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´








                 / ̄ ̄\
               / _ノ    .\             テレビのBGM聞いているとびっくりだぜ。
               | ( ●) (●) |.
              . |   (__人__)  |  _,_,_,        クラシックが流れたと思ったら
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶      そのほとんどがモーツァルトかベートーベンだ。
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,       ベートーベン作曲 ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,      http://www.youtube.com/watch?v=akc0v_KTZBM
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,     モーツァルト作曲 ホルン協奏曲第1番
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、   http://www.youtube.com/watch?v=nCE6-3RkNjY
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l    うまそうな料理のときはだいたい上のどっちかだな。
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|


.

940 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:15:36 ID:XFNze2bg




 ┌─────────────┐
 │                    │
 │                    │
 │       ,  --―<      ..│
 │       (       \      │
 │       /\_____)    .│
 │      (2ナ(__・H_・)     .│
 │      |    、__)     .│
 │       ヽ、  `ーノ       │
 │           ̄        │
 │    _________    │    / ̄ ̄\
 │   |TEDUKA OSAMUSHI|  rヽ  / ノ  \ \    以後の管弦楽は何やっても真似事みたいになっちまう。
 └── ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄──i !  |  (●)(●) |
                   r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |    しゃあねえからルールをぶっ壊して
                  〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ    前衛芸術をやる羽目になったんだが……。
                  l` ( ``/ .  |        }
                  ヽ   l  .  ヽ       }    はっきりいってほとんどマニア受けの作品になっちまった。
                   |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ








            / ̄ ̄\
          / _ノ  ヽ、\       聞いてみると分かるが、まあ曲には聞こえない。
          |  (●) (●).|
         . |  (__(⌒.)  |       俺はルールを知っているから
           |   `/ /  (⌒)      囚われてないのがわかる。それだけだ。
         .  ヽ  / / ./ /
            ヽ/ // /        音楽のルール……いわゆるコード進行や三拍子、四拍子のリズムは
            /    こ二二⌒)     現代ポップスにおいても基本になってる。
            |     \
             |    |ヽ .\       曲として大事な部分はいつの時代でも変わらないよ。
                   (.__)


.

941 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:15:53 ID:XFNze2bg



                  ホルストはここをよく分かってたのかね。
                  現代的な味付けをしつつもクラシックとしての骨子は崩さなかった。

                  ホルスト自身の資質がもちろん第一だが、
                  それが現代でも親しまれてる理由だ。

                  あーやこと平原綾香が歌う 『 jupiter 』 なんかまさにその象徴だろ。

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)          ┌────────────────────────┐
     . |     (__人__)             │            /     /: : ,. -‐-ミ: : `ヽ、 >^>、__      .│
       |     ` ⌒´ノ              │       /    /: :./,. -─-、ヽ: : :.`Y// \    .│
     .  |         } オマエジャナイ     │      /     //:.//: : :ヽ: ___`ヽ: : トミ>{  ー'   <タダの人間にh
     .  ヽ        }           │           /イ─ァ:.!:ヽ:\: イ\: : :}: :.トヘ`ヽ      ...│
        ヽ     ノ    ビシッ      │.    _____/∠ィニ7:.┼ト、\lヽlィ弌r、!: :} !: :{ヽ、\      │ スコーン
        /    く__,-ュ__   て        -=三ニ│    └‐─‐ァ/77: /: {: :.ハィ‐ミ ヽ 辷ソ}: :/! !:.N }_レ 、>     .│
        |    ___ 三)  (           -=三ニ│         l/ // /:..:!:ヽ.: :.弋ン 、 __.、 /:/:.l |ム/>ヘ    ...│
         |    |       ̄   ´      │      _,.斗イ: :!:.!: :「ヽ、>、 ヾ _ノ/: /y‐'´`ヽ| ><rヽ  ......│
                          │           l !: :.い: :l: :l: ∧「>ァ'///   ヾ 、/   ...│
                          │        一'´「 l:.ト lヽ\rl/ァ弌‐'///   〃  ,. |  /   │
                          │          l/\  ィ'/ /ニニ/ .//    ,. イヽレ'´/    .│
                          │            /ィ l lニ7   /  //‐┘ ヾ'´     │
                          │           / l´ ! l /レ' /  r'´ /          ....│
                          │          / _、_ '. l l! //   '   |            │
                          └────────────────────────┘


.

942 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:16:06 ID:XFNze2bg





              / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
            .( ●)( ●)  ..| / |    んで、この一曲目の火星。
            (__人__)     .|./   /
             i⌒ ´ .r-、  |/  /
             {     ヽ, ',. .,/ :/',       「戦争をもたらす者」という副題のとおり、勇ましく迫り来る曲調である。
             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
              .ヽ . |   / , --'i|
              /   {  V , --ヘ
              |   ヽ  L| r= |



.

943 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:16:19 ID:XFNze2bg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           ┼─────────────────────────────┐
                              型破りな5拍子かつ不明瞭な調性、新しい楽器を取り入れるなど
.              ___                どことなく……重なる部分も感じる。
             l   l!
             l   !l                思いのほかハマり曲だったのではないだろうか。
              l   !l              └─────────────────────────────┼
.           rl__!lュ
.            l.l`Y´il'
          kl〉=〈.il                           ⊆_ュ.
          kl.>_<.il                              }  {|
           kl二二l                              _l . l!
             kl.\/l                          _l. . . .l!        .上
.             Kli≧≦l                             〕__.l!       _i_l {
           KlX.X.Xli                      rkヘ  _〕__.l!  .上入.} l l l
.          E.l l l l.li                      l 二ト _.〕__.l!   }  ̄.l.l l l l      ー±ュ
          lZ.l_二二.li                       トl i !l  〕__.l!.  .l   .lil l l.=l!       l幵Tri
.         lX.l l  ll li              r=◎=ュ  .tl卞f匸l⊆ lf冂  ┤  l.l l l l _   r卅lKliliト
         l.Z.l i.><l><li            rェェlェェlェェlェェlェュlfl幵三三l l! 匸l匕..l ‐ l.l l l l 入入廴lil l幵幵 .r,_l__i_
      rュ i.y'.li . lKl l       __rl幵幵幵幵幵幵Fl幵lTF寺l l  l!卞.l   .l.l l l lNNMl┬‐l l______l l .ll! l   ll  ll
Tl7    「l .lFi'<l──l>l       」TT幵l┴┴┴┴┴┴┴┐l i..l   l幵叮卞ll   l.l三lf lMlNN┬..l l──l .l ll .l_鼎 ll  !ll
 ̄l   flil lE,.i.\lr───ュ      l=≡lkkll┬┬┬┬┬┬┐ l l巛l─.l l幵三f鬥鬥  l l鬥鬥鬥 l lKMKl l  l .lr三┴‐卅
 ̄ ̄ ̄l ̄ ̄EEl‐l      ,ィト___,ィヽ=Fl三二ll .ll...ll ll...ll. .ll...llF皿卅li..l   i==≡二二  .l l幵卅幵 l l l「二三皿皿「二___l
   / l\    .l‐l   ,イ .l___iニri'ソk乍lel .ll...ll ll...ll. .ll...ll乍卅l幵≡i..l. ̄ ̄.l 幵幵幵幵鬥鬥幵叭,l l il冂冂il冂冂li鬥鬥鬥
 イ  .l  ヽ  l=l ./   l     lr=.l ヘl<l巛ll...ll...ll ll...ll. .ll...llrャーーー─┴‐─┴┴┴┴┴┴───┴─┬───────‐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄三三二二二二二二二二二二 ̄       /                        l
/              /            //               /                      l
__ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

944 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:16:31 ID:XFNze2bg



     ┌─────────┐
     │  2.運命の力   .│
     └─http://www.youtube.com/watch?v=pVt9vyrutEw#t=0m8s




                     ┌────────────────────────────┐
                     │                     __Z , ‐'ー-{      {  リ ヽ.   ',      │
                     │              / ゙     ヽ     入 '.,}' ヽ  ',    .....│
                     │                 /         ヽ‐ャー''´   ゝ.r ´`ヽヽ   ......│
                     │             i,. -''ヽ.__,...___,ノ'")r‐' ー、 / , '/´フ.,'′  ......│
                     │            /  ,/'" ヘ ハ々 ,-'" ヽ._,.. -< { / '  /    ......│
                     │              /  ,ノ'   リー 、._ヘ、 ,.. '" ', ___/   ,ノ′     .│
                     │          人 _,./'´,' /   `{ ⌒ーァ-‐-y'´   /{       ...│
                     │        /´ノー7/,ノ‐'´      )ヽ、 }''    ,//´',       .│
                     │       ノ′,'´ )r'/       /,' ハ、ヽ_,.  ノ,/ ,'  i      ....│
                     │    ,/´  ノ'"/       / ,'  {  ヘ  ̄ Y   :  .i       .│
                     │   / >、.. -‐'' ´        /′ ノ} ,'  : ヽ ,ノ !      {     .....│
                     │  _ノ ,..-イ               / , ' ノ ,' / v }イ  i {     i      │
                     │ { rァ ,..(           / , '  } ,' イ  / .!   }、゙     |      .│
                    ,, -‐ 、 {゙{. ( ヽ)          i ,'   i ノ   /   ',  リ ヽ、 ,' |      .│
                  /'    ヽ ` `′            レ   ノ〃,/     i i   ∨ ,!      .│
      / ̄ ̄\      ./      i              / 〉._,///       ∨:   }. /       .│
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i . ──────────────────────────┘
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l      第二話のサブタイトル、「 運命の力 」
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/       1869年にイタリアの作曲家ジュゼッペ・ヴェルディが作曲。
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/        台本はアントニオ・ギスランツォーニ……原作はさらに別にいるが。
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|           日本では明治維新の翌年だな。
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i          第二話で貼り付けたURLは
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i         オペラ「 運命の力 」 の序曲 ── 一番初めに演奏する曲だ。
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''


.
.

945 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:16:44 ID:XFNze2bg



       / ̄ ̄\
      / _ノ  ヽ、_ \
    . | ( ●)(● ) |
    . |  (__人__)  │       ところで管弦楽器を使った曲っつーと大まかに3つに分類できる。
      |   `⌒ ´   |
    .  |           |
    .  ヽ       /
       ヽ      /
       >     <
       |      |
        |      |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  _へ-、
                  ヾ、__,.L,
                      f..:::::|
              l!/r__,.ィ.     i:::::::|
          ニ='ィiヾ‐ニz   ノ..:::::|                  オーケストラ
      _n    フ//l|i li_;ゝ‐-'´:..:::::;ノ          ひとつはベタに管弦楽形式。
     / ̄i,ゝ ,.ィ┴‐'''"´:: .....::: .:: '´
    ,/:::::::.. ̄..::........ .: ...:::. ::::::::i'´             指揮者がいて、手前から弦楽器、管楽器、打楽器が並び
    `'--──-|:::...::::::::: :::..:::::!              およそ80人が穏やかだったりヒステリックに演奏したりするアレだ。
         /;:-‐''''⌒'ヽ::::|
        //,レ ヾ | i い{ヽi
          レ └r===i ノ′
             /::::::::::::::::::ヘ
          l::::::::::::::::::::::::i
          |::::::::::::::::::::::. !
          |:::::::::::::::::::::.::l
              |:::::::::::::::::::::::|
           ! ::::::::::::::::::::|
           |..:::::::::::::::::: l
           ! .:::::::::::::::::::!
             i:::::::::::::::::::::::!
            |:::::::::::::::::::::.|
           l::::::::::::::::::::::!
             ! ::::::::::::::::::|
           i..:::::::::::::::::|
            l::::::::::::::::::..l
           }:;:;:;:;:;:;:;:;:;:{
          /:::::::::::::::::::::::ヽ
          `ー一'^'‐一''′

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

946 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:16:56 ID:XFNze2bg



                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (●)(●) |        もうひとつは室内楽。
.                |  (__人__) .|
                 |   ` ⌒´  ノ        宮廷内の広間で演奏する1~10人の演奏形態のことだ。
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、    楽器の組み合わせはめちゃくちゃある。
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)  以前ウソ予告でやったホルン四重奏もコレに含まれる
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´    「ゆうがたクインテット」もここだな。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

              ┏━━┓ ┏┓  ┏┓
              ┃┏┓┃ ┃┃  ┃┃      ┃
              ┃┗┛┃ ┃┏━┛┃  ┏━┫ ╋┓ ┳┓
              ┃┏┓┃ ┃┃  ┃┃  ┃  ┃ ┃   ┃┃
              ┗┛┗┛ ┗┛  ┗┛┏╋━┛ ┻   ┛┗
                                 ┗┛

    ┏━━┓  ┏┓┏┓┏━━┓┏━┓┓┏━━┓┏━━┓┏━━┓┏━━┓┏┓┏┓
    ┃┏┓┃  ┃┃┃┃┗┓┏┛┃┃┃┃┗┓┏┛┃┏━┛┗┓┏┛┗┓┏┛┃┃┃┃
    ┃┏┻┻┓┃┃┃┃  ┃┃  ┃┃┃┃  ┃┃  ┃┏━┛  ┃┃    ┃┃  ┃┃┃┃
    ┃┗┛┃┃┃┗┛┃┏┛┗┓┃┃┃┃  ┃┃  ┃┗━┓  ┃┃    ┃┃  ┏┓┏┓
    ┗━━┛┛┗━━┛┗━━┛┗┛━┛  ┗┛  ┗━━┛  ┗┛    ┗┛  ┗┛┗┛
  ───────────────────────────────────────


                         ∧∧     ∧∧
                  ∧∧    (゚Д゚,,)    (゚Д゚,,)   ∧∧
                  (゚Д゚,,)  γ⌒ヾ    γ⌒ヾ  (゚Д゚,,)  <8人だからオクテットぜよ.
             ∧∧  γ⌒ヾ   乂__ノ    乂__ノ  γ⌒ヾ   ∧∧
             (゚Д゚,,) 乂__ノ   し`J     し`J   乂__ノ    (゚Д゚,,)
       ∧∧  γ⌒ヾ  し`J                 し`J  γ⌒ヾ    ∧∧
       (゚Д゚,,)  乂__ノ                           乂__ノ   (゚Д゚,,)
      γ⌒ヾ   し`J                            し`J  γ⌒ヾ
       乂__ノ                                      乂__ノ
       し`J                                       し`J

      oooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooo
      | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|
      |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |


  ───────────────────────────────────────
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


.

947 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:17:08 ID:XFNze2bg




          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \                          ジングシュピール
     |  ( ●)( ●)       最後はは、本編第9話で描いた歌芝居。
        |      (__人__)
       |     `⌒ ´l       いわゆるオペラだ。
      |         }
      ヽ        }
       ゝ     丿
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

             /{ _ r‐ 、
            、 { ∨`|    > .
            ヾト 、rr fニーヽ、i  ≧ー-
         /> 7 l f 、く  ) } {     `ヽ
    .     /// ./ | ト、__ィ_ノ U    lハ        \_人人∧从人从_//
        / /     ヽ`     ヽ.    } j         )           >
   .    イ     U  ト、  l ト、j    、丶、_      <  魔法少女   >
       .′   ト、     l トj斗 | .|     、 ハ ̄       <          (
    .  | ハ.   l ,`斗  l 代::)ハ |     }Vl       /^YY^⌒Y^YY^^Y^
      ′| ト、 .トヘ代)\!.u " .リ     | }j    /〉
        ヾ ` `込"   _  イ,..、     | リ   .//
            r\≧ー=  ー〉:!`,ー、 ハj     //
           ;r!、!: \`ヽ  /ノ:;:|:;:;:ゝ   .f`l/}
           /:;:;:;:;:;:;:;:,`ー><:l:;:;:;i:;:;:::|  _,.ノi、l/
          rヽ..,__:;:;:;:;',:X´`/:;:;/:;:;:;::i f´ r'ニ、!   \_人_人∧从_人_∧_人_∧_人_从_//
          |:;:;:;::;;:;:;:;::;:;:;`><´:;:;:;:;:;:;:;{ ソ (,r‐ ノ    )                       >
.            /:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;:;// l|\:;:;:;:;:;〉ヽ__,.r'"    <  マジカル☆セリスだったのです! >
         ,':;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:/   l   |´/    /      <                      (
        ,':;:;:;:;:;:;:;:;:;::/    l   |     /      /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^^YY^Y^Y\
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;/     .〉  |.___/
      ∨:;:;:;:;:;:;:;:;:∧       l   ヽ
      /:;:;:;:;:;:;:/  }     l    \
.     r/:;:;:;:;//  ./        ',     ,〉
     >‐'"´ ,.'   /      /`ヽ   /::;!
.     /   /   /       ./.;.;.;.;j\,/:|:;:|
    /   /   /‐r―‐r---〈.;.;.;.;.;.;.!.;.;.;.;l.;:|
    ノ、____./   /.;.;/.;.;.;./.;.;.;.;.;.!.;.;.;.;.;.;.l.;.;.;.;l;:;|
   〉、__/  /.;.;/.;.;.;./.;.;.;.;.;.;.l.;.;.;.;.;.;.;l.;.;.;.;l;:;|
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━





              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \     ちなみに本編のようなこんなシーンはオペラにはまず無い。
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |      セリフのほぼ全ては歌で紡がれるので
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ      劇のように喋る場面はないのだ。
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }       このあたりがミュージカルと明確に違う部分だな。
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ


.

948 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:17:25 ID:XFNze2bg






        / ̄ ̄\      La Forza del Destino
      /   _ノ  \       『 運命の力 』  はオペラだ。
      |    ( ー)(ー)
     . |     (__人__)      レオノーラとドン・アルヴァーロの
       |     ` ⌒´ノ      決して幸せになれない過酷な運命を描いた物語。
     .  |       nl^l^l
     .  ヽ      |   ノ
        ヽ    ヽ く       冒頭の金管群による三つの音が
        /     ヽ \     彼らの運命を象徴しているかのように聞こえる。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          _                       ,、
                    ,. -‐  フ´ `ヽ、               /、 \
                / ::::::::::/   ,.ィ爪             /   \ \
                   /  \ ::::/   ,イ|川!|l|}     _     ,.イヽ、   _,>'′
               !   ‐-ト/  /!||´‐- '、  _,_,_,「!_l hn-‐''"   \_> ''"      /
               ヽ _/ ヽ_人'!|| "" /1ーUJJ'_/ ' ' レク一,、''"          /     ./       /
            ,. -‐  フ´ `ヽ、 ニ_‐<,_ ~「ク ̄ソ‐-、 /  /、 \         /    /      /
          / ::::::::::/   ,.ィ爪  ``ァえ_{ ̄/‐-、 } /   \ \       /   /     /
         /  \ ::::/   ,イ|川!|l|}     _     ,.イヽ、   _,>'′
         !   ‐-ト/  /!||´‐- '、  _,_,_,「!_l hn-‐''"   \_> ''"                      -‐
         ヽ _ _ _ ヽ_人'!|| "" /1ーUJJ'_/ ' ' レク-,、一 ''"
     ,. -‐  フ´ `ヽ、にニ_‐<,_ ~「ク ̄ソ‐-、 //、 \                            --
   / ::::::::::/   ,.ィ爪    ``ァえ_{ ̄/‐-、/   \ \                      = 二
  /  \ ::::/   ,イ|川!|l|}     _     ,.イヽ、   _,>'′                           ̄
  !   ‐-ト/  /!||´‐- '、  _,_,_,「!_l hn-‐''"   \_> ''"                            ‐-
  ヽ _/ ヽ_人'!|| "" /1ーUJJ'_/ ' ' レク-一 ''"
      rーにニ_‐<,_ ~「ク ̄ソ‐-、 /
     rべシ′  ``ァえ_{ ̄/‐-、 }
    / /       ん7⌒'く   ノ´
  / _/       ん7、   !| /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

949 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:17:39 ID:XFNze2bg


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━
| k::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ┃
:! l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, '"´  `丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :┃
lk l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'   _n_   ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :┃
l !: .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:   ´{_j}`  :;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ┃ 血筋の問題から
l l  l 、,、_;::::::::::::::::::::::::::::::::゙:、  _|!_   ,゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┃ 結婚の許されない貴族の二人。
: .!  !ゞ爻之;::::::::;;;:::::::::::::::::::゙::. .,.,|!,., .: "::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┃
! :l  l「" l^゛`/_ヽ、::::::::::::::::::::::|!:::::::::::::::::::::::::::::::::t::::::::::::::::::::::ヽく vノ::::j,ィ:::::::::::Vハ /:::::::::: : ┃
j !: !l  l@ | ロ ロ ロ l::::::::::::::::::::::|!:::::::::::::∨:::j:::::::::∧::::ゞ>ヽ`く:::::Y /,::::Y::ッ:::::jY^ r : :::::::::┃
:l ! l.l  l了 |_H_l」 」∠ー 、::::::::::::|!:::::::べ〈::/イ:::::::ハハ:::::::::::⌒`ヾ、V/ /::::ノく:::::::〈〈 レ' ∠ : :┃
!l ! ! ! | |' ´ 三二 ニ`ヽ、`‐ 、 |!:::::YハYレj::::::::|叮|:::::::::::::::::::::::::〉Lノ∠ニー<::::ハY::::/ ::: : :┃
j ! l: .{ ヽ∠ア ニ ニ エ ニ `‐ 、ハ -ム__ ヾ〈  ̄ ̄∧ n韭__,ノr 匕_n \ く::::j レ'⌒::: : :┃
:l l ヽ,:ゝヘ、_二 二 エ 二 エ 二 |_!ー-、_  ̄` ー- 、/ /     {レ/'´  /\ ヽY /:::::::::::: : :┃
,:ゝ'' ∠,." -┴-┬---┬ - ‐-=ニ ュ、__    ̄`¨ ''¬=∠/    /   \| |::::::::::::::: : :┃
    < ─┬zュ─ ┬ -┴─ ┬-┴∠_二_¬ -、_     ̄`¨ ー-ニ⊥L_:::::::: : :┃
  _,.r-‐''`-┬ - ┬‐ ┴ - ┬-┴-=ニ=r‐┴ -'¬z_    ̄¨''─- 、_.           ┃
━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━
                ┃
                ┃
                ┃,,,,_________
                ┃               ⌒ヽ、    ノ⌒`''''-- ,,_
  駆落ちの道中に起こる. ┃                   ヽ (⌒  ノ       \                  __,,--
  過酷で残酷な       .┃                     `-へ,,,,,____     \"''ヽ ___,,----''"" ̄
  運命の物語だ。      ┃                             ̄''''''------ 、
                ┃  __ ,, ----─ '''  ̄ ̄ \ /⌒,! /⌒,)      \ ___ \
                ┃ ̄                 Y   ノ /  / /"`ヽ   _ .\  \   i
                ┃                  ∟___Y   /./  /  \\ \ λ !
                ┃                     /  .//  :/./゙`)  \.l  |  `┘      __,---
                ┃                     '--::`!   // ./ \ `! /  _,,---''" ̄
                ┃                        ヽ-.// ./ 〉  〉 〉" /
                ┃                          ヽ-/ /  / /
━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

950 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:17:55 ID:XFNze2bg




               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |    まあ興味のある人はググってくれ。
.             |  (__人__) .|    俺はオペラにはあまり興味が無い。
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ    演奏会のプログラム候補に序曲だけはよく取り上げられるので
      \\\ヽ}   ヽ     /     聞く機会に恵まれていただけだ。
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´







        .r-、       / ̄ ̄\
       /て )     /   _ノ  \      オペラの中の一曲であるにも関わらず、
        ( _ノ  フ.     |   ( ●)(●)     なぜ 『 序曲 』 だけは演奏機会に恵まれるのか!?
       ゝ、 〈     |    (__人__)
       / ハ ヽ.     |     ` ⌒´ノ
       /〃 ヘ  \ .   |           }      ずばり、他とは違いその一曲だけで完結しているからだ!
      i !   \  ` ーヽ       }
      丶丶   _ >   ヽ    ノ、
          ゝ'´- 、_  y-、       \
        〈      ̄  う       /、  ヽ
            `ー― ¬、__ノ     |  >  /
               |      r'^ヽ'´ _/
                |      `く__ノ´


.

951 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:18:08 ID:XFNze2bg




                   / ̄ ̄\
                 / ノ  \ \       『 序曲 』とは何か!?
                 |  (●)(●) |
                 |  (__人__)  |
                   .|   ` ⌒´  .}
                 .|        .}       簡単に言ってしまえば「アニメのオープニングと一緒」だ。
                  ヽ     .  }
           ___._,r、   Yヽ     ノトj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l








                / ̄ ̄\
              /   ヘ,  \    物語の始まりを知らせ、登場人物や場面をあらわすメロディを奏でる。
              |   ( ●)(●)   その一曲を聴けばおおよその内容が知れるようになっているのだ。
        _,,--┐   l     (__人__)
      /   |´ ̄三ヲ    ` ⌒ノ    さらには序曲の間は役者も出ない、オーケストラの独壇場だ。
     /  ヘ_/`ー"丁        }
    {   ー<   ,.ィ^lヽ       ノへー―───--──r-─┐
    \    `ー-'/ \!_コフ ´  ,/^              }    |´ ̄三ヲ
        \        {_イコ、_}      __/___/─=ニニ≠'"
         \ /     |!          /     ─=ニ二二ニ=‐
  ――___               ─=ニ二二二ニ=―
        ───===ニニニ二二二二二ニニ=―

.

952 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:18:23 ID:XFNze2bg




            /    /
          /     (             歌劇の内容が濃縮されており、
         /      , '、            緩急・明暗がはっきりしてて好まれやすいのだ。
       ヽ           /
      .|             /         ゆえにクラシックのコンサートにおいて
      |       /~,\   \        オペラの序曲が取り上げられることは結構多い。
( ~ ノ   |      /、    \   \
 \ \ |      ノ   ノ   \   \..               /
   \  へ  /   }~~ヘ ヘ   \ \\..            //
    \ ⌒ヽ     }  |  |     \\\... o |    //
     |     ,. ⌒、ノ |,,'''|       \\ \  。/ / /
.    |   (⌒人⌒) ヘ⌒l      ヽ   \  \ .。 /
    | ⌒(( ●)(●)              ヽ\    /
    \ノ(  ゝ 、~,ノヽ          - -二         二 - -
      \__/              o        \ 。
                              o  \  \.
                        / /。/     \ \.
                      / /     `~´   \\
                     //    / 。         \\
                   //                  \
                  /

.

953 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:18:35 ID:XFNze2bg


                       __
                          /    ヽ
                     i_.ノ 、_ i
                        (●(●). |      悲劇につながる運命の引き金は引かれたのだろうかね?
                     |(人__) iハ
                     ヽ___.ノ./:ilヽ、    抗えない力というものは存在するのだろうか?
     (⌒,                /:i><./.: .:.:.:.:..ヽ
      ヽ               j:!/i'´ヘ/.:.:.:/⌒`
        )               ,i!/! ̄:.:.:/'.:.:.:.:.:.:i
      , _' _、              .j'.:.:.:.:.:.:.:.:.j'.:.:.:.:.:.:.:.i    まあ答えは皆の中だよなあ。
:: : : : : 《〕ー--イ` <        /j.:.:.:.:.:.:.:.:.f.:.:.:.:.:.:.:Y
:...: : (´ `ゝ--<δ)::.`<    _/.,j°.:.:.:.:.:..:.j.:.:.:.:.:.:.:.:j
: : : : ` ー── ´ : : : : _> r'´ Y j.:.:.:.:.:.:.:.:_f.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
>ー――==≦ ̄ ̄  .ト、!゙_f_j゙.:.:.:.:.:.::::j、ヽ、_:.:.:.:.:.;!
        !ソ´     _,..ー<`li:.:.:.;>.:`:.:.:ヾ!.:.:.:.:/
         >..:≦、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ!/.:.:.:.:.:.:.:.:.:j>ーナ
       /゙:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ/.:.:.:.:.:.:.:.;>".:.:r'´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  .`''''゙Ni、   l‐..\      l, . l, .| .!  .,. 、 .ll′/  //´ ‘゛     `゛   ゙゙゙'ー''''''''゙,゙ン-'''"  ー'"
 `''ー ,,,  `''‐ ゙ヽ. .\      .l  l   ′.'" `゙゙' /                  _iyrij⊇  _,,,.. -‐''二二-―
. ,,. .. --'┴____ミi、 `''‐`‐   l            l゙     .,..;;彡'ツ         _.. -''゙´ ;;ニニ―'''''"´
  `、 /_ノ  ヽ、_\`''-,,,,,,,,,,..、 ″        ‘   . / . ~./     ,,-'"゙.,,, ー'"ニ....、〟     .''¬、
ー ..,o゚((●)) ((●))゚o   ,. -- 、            /           ,..;;彡‐''"      .'!―<゙゙ ̄ ̄ ̄ ̄
 /::::::⌒(__人__)⌒:::::: /    __,>─ 、     /            `                   `''ー..、
 |     |r┬-|    /          ヽ   ...       : ー‐ー.---.__________;;<,゙_、
- |     | |  |   {            |__   /                    ´^"''''''―-- 、....,,_ ̄ ̄ ゙̄“`
  |     | |  |    }  \       ,丿 ヽ
  |     | |  |   /   、 `┬----‐1    }
  |     | |  |  /   `¬|      l   ノヽ
  \      `ー'ォ /    、 !_/l    l    /  }
           {       \     l   /  ,'
           \      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ
             \     ヽ、\ __,ノ /
               ̄ ヽ、_  〉 ,!、__/
                    ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

954 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:18:49 ID:XFNze2bg


┌─────────────┐
│  3.全ての山を越えて    │
└──http://www.youtube.com/watch?v=C0GifYOQ4g0

              ┌──────────────────────────────┐
              │                          ___      ''゙゙""ヾ.,      │
              │                        / ̄/i:i:i\       ''';;       │
              │                       /  ノi:i:i:i:i:i:i\    ..__..,;゙゙     ,.;;;:│
              │                     /   ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`,,、___ ..,.,::;;;,,,,    .│
              │       .......,,,,        ...::::;;;;;''""""''::;;;,,,,,..:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:;.;;..;;   ゙゙ヾ,, ..,│
              │     ,,;;;""" """::;,,,,   __/,,,;:::"""''゙゙/i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:...;;""            │
              │,,..;;'';;''"";;;;,        '''';;,,,,,,:::"""/ ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ソ,,             │
              │ /\__,,..;;    ,,,....,..,,,,:"  ___ ./  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i...;;'''""      :::::::::''  ..,,│
              │ノ :::::::::::::\;;;;:,,,..;;;;""/  /i:i:i:i::  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i....ノ....,.,...,,;;;:::::    ::,,,:::;''"゙ │
              │:::::::::::::::::::__ィ≦ ̄`<   {:i:i:i:i:i:i: /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,,ソ ,,,.....,,,,,....,..,:: : .''""/  \__│
              │__,ィ´ ̄ :::::::::::::::::::::\__ノ:i:i:i:i:i:i:ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:''゙゙゙""" ノ  /:i:i:i:i:i:i:ノ .  / :i:i│
              │^、ノ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/,.,,... /i:i:i:i:i:i:i∧ /i:i:i:i : │
              │∧ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \i:i:i:i:i:i:;;;:'''゙゙゙ ""ヾ:""゙゙ ...,,ゞ\i:i:i:i://:i:i:i:i/k │
              │爻ヾ,, -‐ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..;;;;'''""..:::;;;:;...,,;;''' ~'""::::::::::::::::::/ ̄kkkkk k │
              │ハハ /'    ヽ∧::::::::::::::::::::::::::::,,;.;.'' ;;;;;''":::::::::::::::::::::::::::::::::::__/kkkkkkkkkノ;;│
      / ̄ ̄\      ./      i从∧:::::::::::::::::::::::''''""::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/kkkkkkkkkk∧kk,',,彡 │
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i゙ゞソ∧,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__ノ¨kkkkkkkk,,∧从从゙ゞ;:;"l│
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|"ハハ彡ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.ノkkkkk∧kk∧ミ从ミ',从リ 冫 │
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::ll────────────────────────┘
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/       ミュージカル「サウンドオブミュージック」より。
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/         今気付いたが正式な曲名は
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|          『Climb Ev'ry Mountain「すべての山に登れ」』 だった。
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i



.

955 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:19:09 ID:XFNze2bg




            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \           この作品からは有名な曲が多くある。
          |    ( ●)(●)
         . |     (__人__)          「 私のお気に入り 」、「 ドレミの歌 」、「 エーデルワイス 」等々。
            |     ` ⌒´ノ
      .     |         }
         .  ヽ        }           「 すべての山に登れ 」 は映画のラストシーン、
         _/⌒ヽ     ィ            ウィーンからスイスへ希望を持って亡命するシーンに歌われる
       i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ   前向きな曲だ。
       |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
       |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
       |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
       |        l  .| y  |_ィ   |  .||
       |        |  .|.|   |  |  |   ||
       |        |   |___|  |__|  ||
       |_______.|___(__゙)__{___゙)_||







                , '⌒ヽ、     / ̄ ̄\
            /    ,. -ヽ  ./ ノ  \ \
     __     | 、    ノ__ .|  (●)(●) |
 /´    `ヽ._/   `ー/´  ヽ.|_  (__人__) .|     あまりに有名すぎる映画なので内容は割愛。
/            \  /       / `ヽ ` ⌒´ |
{        ,.     y′     /   /ヽ    ノ
丶. _ .. -‐ ヘ    /       /    /   }  /
          ヽ            /    /   l  ヽ
           ` ー、               .ノ .. |
            ヽ.__         /  ... |
               丶--―‐--'´



.

956 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:19:41 ID:XFNze2bg


┌─────────────┐
│   4.いつか王子様が     │
└──http://www.youtube.com/watch?v=Ca5o40vppvM#t=0m24s



                 ┌───────────────────────────┐
                 │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,iillllllllllllllllii,,:,,,iil!゙゙゜__.:'llll,,,,,,,,,,,,,ii!! ″ . │
                 │;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;.,,,,,,、;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,illllllllllllllllllllllll!l゙ll`,,ll゙゙゙,,,,,llylll!!!゙゙゙°;:   .│
                 │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.il!゙゙゙゙ll,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;llllllllllllllllllllll!!llヴ"ll’.,l゙゙゛ .゙゙,l゙;;;;;;;;;;;;;;:  ...│
                 │llllllll,llllllllllll!l、: ゙゙llllll,,,,,、;;;:::;;;;;;;;;'llllllllllll!!!llllllliilllll,,,,゙!l,,ll,;: .'llllli,,,_;;;;;;;;;;;:   .│
                 │;;;; ゙̄”ll゙゙゚゙ll゙゙゙lllii, : ::゚゙lilllllili,,、;;;;;;;゙!!ll゙,,,l,,,,__: : : ゙゙゙゙lllll゙・: lllllllll!lii,、;;;;    │
                 │;;;;;;;;;;;;;'゙li,,,,,,,,,,,llll、: : ,ll",ilil!li,;;;;;;;;;;;lliiillllllll!!゙゙゙゙゙゙゙llii,,,: :゙゙lii,,llllllllllliilll、:::    │
                 │;;;:::;;;;;;;;;'!l,,:: ̄:,,l!`'llllll゙,,illllll,!lii,,;;;;;,illlllll□■□■□■ ゙゙!lllllllllllllll!;;:::    │
                 │;;;;::;;;;;;;;;;;゙゙lllll'゙゙゙゚,,lllllll!ll゙ll!llllll:lll゙!li,,llllllllll■□■□■□,,: ゙llllllllllll!゜;::;:  ...│
                 │;;;;;;:;;;;;;;;;;,ill′.,,i!゙;;;;;;:;;ll.ll;;゙゙ll!:ll:'l,ll!゙゜._,゙゙″_,lllllllll,,.,,i´ ,llllll,,illlllll!゙°;;;;;:   .│
                 │;;;;;;;;;;;;;;;;'!liiiiill!゙°;;;:::;ll|ll;;;;lll: ケ:゙ll: : ゙'l,` : iiillllllllll゙°,,illllll”゙゙”;;;;;;;;;;;;;;;;    │
                 │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;llll";.,ll`,l,,レ'!i,、: lii,,. '゙!!llllll!` .illllllllll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:  ...│
                 │,, -‐ 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;llll!llll!゙,,illill,,,,illli,,l,'ll!!liii,,,,,_._,,,e: :lll!゙`;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;:  ..│
                 │/'    ヽ;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;'!llll,,,,,iil!゙゙,ll!!!llll!lli,,lh「i!!!l゙゙゜: ,,,,ll゙`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:  . │
      / ̄ ̄\      ./      i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙.,,ill,,,,,,,l!lllllllllllllllllliiiiiiil゙゙″;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。   .│
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,il!゙,,illllll゙゙!llliii,ii、: ::゙゙!!l,,、;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:  ..│
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ll゙゙llll゙!lla:llli゙゙l!i、:   : :゙゙llll〟:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:  ..│
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l ───────────────────────┘
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/       『 いつか王子様が 』
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/         1937年のネズミー映画「白雪姫」のポピュラーソングだ。
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i          ジャズピアニストのビル・エヴァンスをはじめとして
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i         多くの人にカバーされて愛されている曲だ。
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ


.

957 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:19:54 ID:XFNze2bg




            / ̄ ̄\
          /    _ノ' ,,\          「 いつか王子様が私の元にやってきて
         |     ( -‐)(‐)            お城に連れて行き幸せに暮らす」
.          |    ::~(__人__)
          |     'ヽ ヾリ           ロマンチックな乙女の気持ちを歌った歌だな。
        |      ゙ー'ノ
         ヽ       ソ}           少女にだけ許された夢見がちな歌といえよう。
           ヽ      ノ
          /⌒Y   ヽ
         /  y   |。=, \.         ∬
         ノ  ,/___,ン)_|,、 ソ'~,‐っっ  ┌‐┐
         (_"___リ_ソ `ー─iソ´~   ((|   |
                               ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|









       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)            アウトとセーフの線引きが分からないので割愛。
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

958 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:20:07 ID:XFNze2bg



┌─────────┐
│  5.我が祖国   .│
└──http://www.youtube.com/watch?v=_jWQqW6MEso



                 ┌─────────────────────┐
                 │                              ..│
                 │               ノ      ゚.ノヽ  , /}     │
                 │            ,,イ`"     、-'   `;_' '      │
                 │   ,-、  _.._,,-'' ̄         (,(~ヽ'~        │
                 │ )'~  レー'゙              i`'}        ....│
                 │ ~つ                  | i'         .│
                 │ /               。/   !        ....│
                 │/                /},-'' ,,ノ          │
                 │i、        ,i' _,,...,-‐-、/    i           │
                 │..ゝ        <,,-==、   ,,-,/          ...│
                 │ )       {~''~>`v-''`ー゙`'~            ....│
                 │ {        レ_ノ                    .│
                 └─────────────────────┘


                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i       ベドルジハ・スメタナの連作交響詩『 我が祖国 』
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|       1874~79年にかけて作曲された。
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/        彼はチェコ人で、時代は国民楽派……
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/         つまりは民族性を取り入れた曲作りのことだが、
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/         それを積極的に取り入れた。
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l           この精神性はのちに「新世界」で有名な
r   、  /           !::::::::::: i..:..i           ドヴォルザークに受け継がれていく。
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''

.

959 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:20:20 ID:XFNze2bg




.                   / ̄ ̄\
           -、      /  ヽ、_  \    連作交響詩、とあるが難しく考える必要は無い。
         /  /     (●)(● )   |
          |  ,      (__人__)     |    チェコをテーマにした6つの曲を
          l  |      (`⌒ ´     |    一まとめにして 『 我が祖国 』と呼んでいるだけだ。
      ┌―}  l  .     {           |
      ┌‐| lノ   〉      {        ノ
    「1( ̄ `ヽ /        ヽ     ノ―┐
    └イ ̄フ  {          小  ´   /  l
      l 〈   ノー- 、     /」、__ム |  └i
      ゝ _ノ   /\ / /   r┐! l    \
         |      /  |'  //⌒Vー'| 厂\  \
       \  r'´       ,//   l  / /   \  \
            ` <. __///   / / /    /   /






              / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \   ,.:┐     中でも有名なのは二曲目 『 モルダウ 』。
            .( ●)( ●)  ..| / |
            (__人__)     .|./   /      これはチェコを流れるヴルタヴァ川のことで、
             i⌒ ´ .r-、  |/  /       「モルダウ」はドイツ語読みだ。
             {     ヽ, ',. .,/ :/',
             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
              .ヽ . |   / , --'i|       正式には 『 Vltava 』 が正しい。
              /   {  V , --ヘ
              |   ヽ  L| r= |




..

960 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:20:34 ID:XFNze2bg



                        ⌒⌒
             _,,,...:-‐‐=-.'.:,丶        ⌒⌒
 .           ,r'";; ;;      ;;\,,.....,
          ,,r'";; ;; ;,,,     ;;; , ;;; ;;;,`'::,、           .................
        ,:r';;; ;; ,;;; ;;      ;;    ;; ;;; ,;; `':,、    ........::::::;;;;;;;;;;;;;;;:::::::.........
      ,r'";;;,, ,,;; ,,;;;, ,,,,      ;  ;;  ;; ,, ;;, ;;`';;、_:::::::::::::::;;:''      ''';;;:::::::::::::::
    ,r'";;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;; ;,,, - '''' ''';‐-,, ,,      ;;, ;;`';;、_:::;;;''        '';;- ''""
  ,r'",,,;;;;,, ,,,,,,;;;;;               " ''''‐- ,..,,,...  ′,, -‐- ,... ...--‐‐''''"
 ,r'  ,,,,;;;;;       " ''''‐   ...:;;;             /'       ̄
   "'' -‐‐‐-,..,,.,,,,;;;;;  ;"'.,      , ;,        ノ''         .,,._.
;;;;;;,,,   ,,,,;;;;;            ;::      ,, ;;,  ....゛゛;;;;;;:::;:
  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;  ;;;;;;;;;,;;;;;;;,,,,,,,::;
 ;;;;;;; ;;;,,; ;;;; ;;;;; ;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,
WWWwwwjij,,.、,iijiiywiijiiyyviiijwiijijywWwwiiyviiijwiij..,..viiijwiijijywWw,.,,.wywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','


         / ̄ ̄\
        /      \         モルダウは合唱でよく歌われるみたいだな。
          |         |
          |        │         同じくよく歌われる 『 遠き山に日は落ちて 』の作曲も
         |         |         チェコ人のドヴォルザーク作曲だし、
       |        |
        ヽ       /         チェコ人の哀愁漂うメロディは日本人と
          ヽ      /          近い感性を持っているのかもしれない。
          >     <
       /,⌒       ⌒
      ./ /|           \       余談だがさだまさしもカバーしている。
     // |      . | ヽ、二⌒)
   (⌒/   |      . |


.

961 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:20:45 ID:XFNze2bg




┌─────────────┐
│  6.Man in the mirror    .│
└──http://www.youtube.com/watch?v=PivWY9wn5ps


┌────────────────────────────────┐
│            ____                             .│
│         __,,/::::::::, ----::`ヽ  :.                        │
│     :.  /:: ::::::_ ::::::::::::::::::::::、:\                       ......│
│       /:: :::::::::::: i :::::::;:: :\ ::::;:::;:\ :.                     .│
│     :. ,';./:;::::;::;::::;::::::i:: ;ヽ:.;:::;:;::::;::;ヽ:::ヽ                      .│
│      ,'/:::::::::::::::: /:: ハ:::ヽ:::ヽ:.:.:.:.::::ヽ:.:ヽ :.                    .│
│     :. |i .i::::i:::::::: .i:::/  ヽ:ト 、::::\:::::.:.:.:':::l                      │
│       |i:::i:::l ::::::N_, -弋 \弌弋ナ:}:.:}                      .│
│   : . |i∧ ',;;;;;:{ , ィjモト    イjミトイ イ:丿 :.  ウ……             ..│
│       .ヽ:::::: :メヽ;',`ozZ}     izN。ハ ::{ソ     ウイルスは許可しない    .│
│      : . 彳:ヾ_!ノ "゙゙     ' `゙ ハ.:', :.                       │
│       §:::_:::§.、   (二フ  イ§                          │
│   .    /:::イ:.:丿::ソ>r /`<ノノ::.} ヽ、  :.                     .│
│     /:∧l;l! イ.:ヽ://{二 ̄ .} ./:.:ノ/ハ                      .....│
│ :. /:: :/. {;',: i .: :.{ /(^`  |.(.:.:.//::;}  :.                     │
│   /: :,イ l;;:: : ヽ:. ハ ヤ{   ∧/. ‐' ";)                      ...│
│   {::/.  (;;:: : :::レ'ハ  ∧__ノノハヾ、::: : :;l                        .│
│   V    ヽ: : : :i Y{ヾ`Yヽニ_ ノ: } :: :;ノ                        .│
│      .   |; ノ' ̄:: ::ヽ二{ :`:: : : ::イ ;;l                       ...│
│        .V;; :: ;:: :: :ヘ ; :::: : :: ::l:: ;)                        │
│        人;::: : : :: : ;人: :_:: : :: :; ; /コ!  :.                    │
│         ヽ; ;: : :;;/イ{ : ::  ; ;.ノ:: : :.)  :.                    │
│       :.  \_;///: :\___;;_/: : : :i :\                    ...│
│          / : //:;;: :|;|:  : : : i:  _ _i : :: )                     │
│        :.   ( 、 { {;;;;;;; |;|  __. : i  .  i _ _:\                  ...│
│         /::`Y;{.; ;;;; ..|;|. : : :  i: : :  : i: : : 丿                  .│
└────────────────────────────────┘


                  / ̄ ̄\
             rヽ  / ノ  \ \
             i !  |  (●)(●) |      どういう発想で生まれたAAだよ。
          r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
          〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ      出展は「ジョジョの奇妙な冒険」第5部より、
         l` ( ``/ .  |        }       主人公の敵チーム 「 鏡のイルーゾォ 」(男)。
         ヽ   l  .  ヽ       }
          |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ     彼のスタンド名が 「 マン・イン・ザ・ミラー 」 である。




.

962 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:20:58 ID:XFNze2bg

  。    :::::            *          *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚
      ,.、-─‐-,,、_    。           。           。
   ゚_/. ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; .\    ::    .   ゚    ::       +
 * 〈. ;;;;;;;;;;;;;;〃-‐、;;;;;;;; .ヽ ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
  /. ;;;;;;;;;;;;;//-  ヾ;;;;;;; .ヽ ::;;;::    ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
  {. ;;;;;;;;;;;;;〃、 ,.-‐‐、!;;;;;;; .i::;;;:      o     + :: :::::
 /. ;;;;;;;;;;;;リゝ! i <Oゝ!;;;;;;;;; .{    ho-ho 。           .   ゚    ::
. 〉. ;;;;;;;;j  j(,)、 ´` {;;;;;;;;;; .ヽ  .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
ノ. ;;;;;;;;;;|゙、_`^´ 〃ヾ;;;;;;;;;;; .}    *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
}. ;;;;;;;;;;;;ヾ!`=Ξ‐ } 丿;;;;;;;;; .〈   ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
!. ;;;;;;;;;;;;;;;リヽ_r__,.-‐ノ;;;;;;;;;;;;;;; .)   *    ::;;;:       ;    ;  ::::;
ソ. ;;;;;;;;;;;;jノ \ー  7ソヘヾリバ、   ;  ::::;            o  ゚
o ̄7〃´\ 冫‐く |  ゞ'  o  ゚           . 。

                                  / ̄ ̄ ̄\
                            /     :::::::::.ヽ    1987年録音。
                            /    :::::::::::::::::::: 〉
                            |    ::::::::::::::::::/    マイコゥの曲の中でも数少ない
                            |     ::::::::::::::::::::l    彼以外の作曲によるもの。
                            |   ::::::::::::::::::/
                             \__  :::::::::く
                  .            ,イ   :::::::::ヽ     マイケルの中でもフェイバリットナンバーのひとつだ。
                             / `   :::::::::::}
                              ,' :::j  .:::::::::/
                           ,-´ :::ノ  .:::::::::{
                         (,. - ―.i_   ::::::::::i
                            /      ::::::::::: }
                  .        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
                       _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
                      {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
                  .     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j


.

963 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:21:12 ID:XFNze2bg




        / ̄ ̄\
       / _ノ  ヽ、_ \      ちなみに俺のマイケルファン歴は浅い。
     . | ( ●)(● ) |
     . |  (__人__)  │     ’09年の6月末ごろからだ。
       |   `⌒ ´   |
     .  |           |
     .  ヽ       /      「 Man in the mirror 」 や 「 Black or White 」 を
        ヽ      /
        >     <       聞いてファンになったんだが……。
        |      |
         |      |











                      ! |l!│!l│!l!│!l!l│
              _________        │!l│!l!│!l!l│
            /       'r r.r.r.i...   │!l!│!l!l│
           /        | | | | |         │!l!l│
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ.           │
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ              ファンになって三日で亡くなるとかねーよ。
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ      嘆くには浅すぎる。他人顔するのもなんか違う。
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l      何とも言えない気持ちになったのは久しぶりだった。
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ

.

964 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:21:40 ID:XFNze2bg



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::::_;l__;;_l:::ヾl_」__l;;;!;_;l_/_」;;___|_i__|_li_::::::::::::::::: .┃
::::::::::::::__l`:::::_| 、_;;rl_,,lニ'!'´⌒''lri、;;_l,,i__l_|_:::::::::::::::::::::::::::::::  ┃   冬の寒空の下、路上で震えてる子供や大人が居る。
::::::::::|_::\_l、L,ゞ_k‐"´       .~`ニi、/yI_|_:::::::::::::::::::::::::: .┃
:::::::::::::::::::_、_ニ,:'´l'´             ~、;i !二l_|´:::::::::::::::::.....┃   今まではずっと誰かが何とかする、
:::::::::: :::::: _,,.|.l´           .._,_n_,_ `|.|,,_,,,_|,,_,,.,|:::::::.....┃   自分は何も出来ないと見ないフリをしてきた。
:::::: : : :: __,|_.,_|.|         ..,- ''`/ ll ヽ`|.[_|__|,,.:::::::::::.....┃
:::::::::::::::::: :: :__|.|         `''─--;ii;--::|,|_<_;l_:::::::::::::::::::: .┃                ./ ̄ ̄\
:::::::::|__|_|,|          .∧.∧||.  |.|,;_;,__!__,,.|_::::::.....┃               ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
:::::::: :: ::___|.| ,,、_,._._、 ,,_∧   .(Д^,,.||.  |.|_,l__|_,,:::_:::::: . ┃               |     ( ―)  λ   ヽ
::::::::::::.. _|_,_] |,;'ヾ_,,.._、.(#゚;;-)   | つ0   .|.|_、,i.__;;:__|_,,.::::....┃             ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
i-‐‐::i┐__.,,|:|,;i~i#;;;-;i':~ `J  . |  |   . |.|,_|,;___:: ::: ::::: :::: . ┃           __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
|l旦l;;|z|_|_|:|\|;_;、_;;;__;#y!  ..:U´J    .|'|___i;;__,,i_:::::::....┃         /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ
|l丱l;:|lI|_____|.| ::: ::: ::: ::: ::: :::  :: ::: :: ::   |.|_,|__|,_;;::__::::::::....┃       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
|l爿l::|k|_|_|」 : :: ::: ::: ::: ::: :  : ::: :: :::.   .l,|;、_|__|_;_:::::::: ┃      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
|」HLl,/      ::: ::: ::: ::: :   :: ::: :: ::::::..... 、   '        .┃    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
         '      ..,  .::::: :::: :::: :: :::  ,; -~。'‐、 ~   .┃   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ||      / /                ||     ||        ||
     / ||    / /                  ||     ||        ||
   / /||  / /     l  /            ||     ||        ||
 / /  ||   /  :::::::::    ′/         ||     ||        ||
  /    / ̄ ̄\:::::::::::::::           ./ .||     ||        ||
      /     _ノ ヽ:::::::::         ./  ,l|     ||        ||
      |     ( ●) | :::::          / .    ||     ||        ||
      |      (__人)       / ./   l|     ||        ||
  __|        ⌒ノ           ./ .   ||     || [i]        ||
    (⌒ン        ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (⌒ ) ̄ ̄||        ||
 (  /⌒ヽ、    _ノ   . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(⌒; ;;   ;) ̄||        ||
  , /   ノ \__ィ ´    . ̄ ̄ ̄ ̄(⌒ `´ `  ,;; .,. ,; ;;;)___||        ||
  /  /    '|.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三三三三三三三i/
 (  y      |.
   \ \    |        だけど、やり場の無い思いがあった。
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ       そんなときは、だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

965 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:21:53 ID:XFNze2bg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                       ||  .┃
                                       ||  .┃
                                       ||  .┃
                     / ̄ ̄\          ||  .┃
                    / _ノ  ヽ、_ \         ||  .┃
                  . | ( ●)(● ) |       ..||  .┃
                  . |  (__人__)  │       ||  .┃  “ 鏡の中の男 ”に変われるかどうか尋ねてみな。
         / ̄ ̄\      .|   `⌒ ´   |       ...||  .┃
       /      \   ...|           |       ....||  .┃
       |         |   ..ヽ       /        .||  .┃   まずはきっちり自分を見つめて変えてみな。
       |        │     .ヽ      /        ....||  .┃
       |         |        >     <          ||  .┃
         |         |   /,⌒       ⌒       .||  .┃
        ヽ       /  / /|           \      ||  .┃
         ヽ      / .// |      . | ヽ、二⌒)  ||  .┃
          >     < /   |      . |        ||  .┃
==== /,⌒       ⌒ =============┘......┃
      ./ /|           \                     ┃
     // |      . | ヽ、二⌒)                 ┃
   (⌒/   |      . |                       ┃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \    ……みたいな歌。
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |    貧困問題を意識した歌詞だな。
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }     “ Black or White ” や “ Heal the World ” あたりもそうだけど
     ヽ   l  .  ヽ       }     メッセージ性の強い曲である。
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ




.

966 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:22:09 ID:XFNze2bg



┌────────────┐
│  7.断頭台への行進   .│
└──http://www.youtube.com/watch?v=roX70PAu3oA

──────────────────────────────────────────────────
                _
              //.|
             //./|
           //./| |
          //./ /|. |
        //./|/::/| |          _______________
        □/ / // | |.          |
        | |/.;;;;//.  | ||.         | じゃあ、>>1は遅筆なので死刑という事で・・・。
        | | ;;;;;;//   | |||         |_
        | |.;;;//    | |.||     ∧ ∧  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        | |//..    | | ||.    ( ・∀・)
        | |/.     | |. ||    (    )           ワイワイ  ガヤガヤ
 ______.| |___//| ||__ / | | |__
        | |   //  |. ̄∠/(__(__) /.|          ∧_∧ ∧_∧ ∧ ∧.
..∧_∧   (| |⌒/. ∧ ∧⊃イヤァァァ.     //|         (´-`;)(@・ )(;´∀)(
( ・∀・).(⌒| |//(;´Д`) ←>>1   //  |        ∧∧ ∧ ∧  ∧_∧. ∧∧
(    )  ̄| |/ (⊃ /  ⊂.⊃.   //   |       (∀・ )( ´,_ゝ)(   )(´∀`
| | |.   | |    /   └─┘ //   /.      ∧_∧ ∧ ∧ ∧ ∧. ∧_∧
(__)_)   | |  /         //   /       <_`  )(´・ω)(д゚` )(
        | |/         //   /.       ∧_∧ ∧ ∧ ∧_∧. ∧_∧ ∧
        ~~         //   /        (   )( ゚∀゚)(`   )(   )(゚д
.                //   /        ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
.               // ,, -‐ 、         (д- )(   )( ´,_ゝ)(TдT)(∀` )
──────────── /'    ヽ──────────────────────────────────
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|       フランスの作曲家エクトル・ベルリオーズの 「 幻想交響曲 」 より
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!        第4楽章 「 断頭台への行進 」
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          1830年に作曲された。
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|            大久保利通や松田松陰が生まれた年でもある。
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i           この曲はクラシック史の中でも重要な曲なので覚えておくように。
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''


.

967 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:22:21 ID:XFNze2bg




  .                   / ̄ ̄\
             -、      /  ヽ、_  \      なぜ重要か。
           /  /     (●)(● )   |
            |  ,      (__人__)     |      まず第一にベルリオーズがフランス作家の第一人者だからだ。
            l  |      (`⌒ ´     |
        ┌―}  l  .     {           |       ベルリオーズ以前のフランスの作曲家を俺は知らない。
        ┌‐| lノ   〉      {        ノ
      「1( ̄ `ヽ /        ヽ     ノ―┐     そしてそんな彼の代表曲だからだ。
      └イ ̄フ  {          小  ´   /  l
        l 〈   ノー- 、     /」、__ム |  └i
        ゝ _ノ   /\ / /   r┐! l    \
           |      /  |'  //⌒Vー'| 厂\  \
         \  r'´       ,//   l  / /   \  \
              ` <. __///   / / /    /   /







                  / ̄\
                  │   丶
.        ,__           |      ヽ          ___
      │  \        ヽ    ヽ        /     \
      │    \         ヽ    ヽ    /        \      第二!
..      ヽ      \         ヽ.    ヽ   |          |
          丶      \      ヽ    ヽ.  |.     \_  _,ノ |      大胆に情緒性を取り入れ、前面に押し出して
         \     \.       ヽ    ヽ. |    (●)  (●).|      大成功した作品だから!
             `ヽ       \    ヽ    \|    (_人__) |
             \       \_ ノ     ,`へ    /  /   .|      音楽の楽しみ方に幅を持たせた人物なのだ。
               \             /     , \ `⌒´   /
                 \      /   ,/  `ヽ、   ./:ヽ_
                      \    /    ./        \/──.、\     “標題音楽” というヤツである。
                      _//  /   /   /`─  ヽ─ 、 ヽ、.|
                 /:::::::./ /   /   ./         │ . 丶  │|
              __/:._/. (  __/(__/        │   ヽ  ヽ|
          /´    ̄     ̄                 /   |  │
        /                             /_ /_ /
       │     _ --── ´ ̄`ヽ── ‐ 孑 ̄ヽ、___/:::::::::/
        ヽ― -‐,´___/.゙    /:::::::::::::::/      /::::::::::::::::/
            /______/.      /:::::::::::::::/     /::::::::::::::::/
          /    /..     /:::::::::::::::/     /::::::::::::::::/
         /.     /.       /:::::::::::::::/     /::::::::::::::::│
        /    ./         ヽ:::::::::::::::/     /::::::::::::::::::│
...         /    ./         /:::::::::::::::/     /::::::::::::::::::::::::ヽ

.

968 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:22:35 ID:XFNze2bg


──────────────────────────────────────────────────

                                                     . . : :♪
                                                  . . : ∮ :
                                     . . . .          . : : : :
                                  . . : : : : :|ヽ: . .     . : : :#: :
                                 . : : r‐┐ : C|: : : : . . . :c/⌒: : :
                               . : : : d d : : :   : :♭: : : :
        .r-、       / ̄ ̄\       . :c/⌒: : : :        : : :
       /て )     /   _ノ  \   . : :♪: : : :
        ( _ノ  フ.     |   ( ●)(●)   : : :
       ゝ、 〈     |    (__人__)         ベルリオーズ以前、ベートーベンやモーツァルトの時代は
       / ハ ヽ.     |     ` ⌒´ノ         音楽そのものの響きを楽しむものだった。
       /〃 ヘ  \ .   |           }
      i !   \  ` ーヽ       }          そこに物語性など何かを描写すると言うようなことはない、
      丶丶   _ >   ヽ    ノ、          もっと職人技のようなものだったのだ。
          ゝ'´- 、_  y-、       \
        〈      ̄  う       /、  ヽ       オペラ以外にも副題のつく曲はあるが、
            `ー― ¬、__ノ     |  >  /       別にそれらは曲そのものを現したものではない。
               |      r'^ヽ'´ _/
                |      `く__ノ

──────────────────────────────────────────────────


                                       ノト     |
                                      彳ミ    ノiミ
                       __,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐-彡彡ミ .彡ミ..,,____
                  _,..-'''"              彡彡ミミ 彡;;;ミミ    ̄ ~~""''
         __,,.. .-‐ '''""~                  彡彡ミミミミ彡彡ミミミ ____,,.. .-
__,,.. .-‐ '''""~""''' ‐- ...,,____,,.. .-‐ '''""~''''''''''''''''''''''''~""''' ‐-、_ii|__,,.. .-‐''""~
  .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..  .... :.:.:...:::. ....  .,.:,..:..   .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,. .,.:,..:..  .,.:,..:..   .,.:,..:..
 .,.:,..:..  .,.:,..:/ ̄ ̄\ ... ... ,.:.:.:...:::.. .    .,.:,.   .:..   .,.:,..:..   .,.: .,.:,..:..  .,.  :,..:..   .
    .,.:  / _ノ  .ヽ、\:.     ところが熱情のフランス人、ベルリオーズは格が違った。
.,.:,    ..|  (●)(●) | .,.    自身の魂の表現に音楽を用いたのだ。
.      |  (__人__) .|..
    ... ,...|  . '´n`'  .ノ      そのものだけで成立していた音楽に
       .ヽ .  | |  }       雰囲気や情景の描写を行い、物語を付随させた。
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、        これがまたウケた。
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)

──────────────────────────────────────────────────


.

969 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:22:45 ID:XFNze2bg





              / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \   ,.:┐    標題音楽というだけあってこの作品には
            .( ●)( ●)  ..| / |    はっきりとした“テーマ”がある。
            (__人__)     .|./   /
             i⌒ ´ .r-、  |/  /
             {     ヽ, ',. .,/ :/',         「 恋に絶望し、アヘン自殺を図った男の見た幻想的な夢 」
             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
              .ヽ . |   / , --'i|          、 、
              /   {  V , --ヘ      この物語を5楽章、およそ50分かけて音楽で表現している。
              |   ヽ  L| r= |






        / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\      ここだけの話ベルリオーズの実体験じゃねえのって噂もある。
      |  (●)(●) |
.      |  (__人__) .|      彼がとある女優に入れ込んでたのは有名な話だし、
       |  . '´n`'  .ノ      その女に振られたことが曲を作るきっかけにもなってるからだ。
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、         まあ諸説あるが。
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)    ヒロイン板にこのあたりにも触れたスレがあるね。


..

970 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:22:58 ID:XFNze2bg




           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \         しかし悲しいかな、この男、夢の中でも幸せになれない。
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ        1楽章 「 夢と情熱 」 で出会い、2楽章 「 舞踏会 」 3楽章 「 野の風景 」 で
          │         }        愛を育んだにも関わらず、不安に駆られ女を殺してしまう。
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;                                           ワルプルギス
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、      そして逮捕 → 死刑、男の夢は悪夢と化し、5楽章 「 魔女の饗宴の夢 」を見る。
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,     第4楽章 「 断頭台への行進 」 はその刑の執行の描写だ。
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}


.

971 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:23:12 ID:XFNze2bg




             ┼──────────┐
               死刑執行を待つ男。
             └──────────┼



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ヾ \_     ┌===┐     __ |      /  ......┃
____)_,...> ゙゙ーー乍二⊃  ⊂二|lに´ ̄ <|.....   .,,,ム_  ....┃         ┼──────────┐
====⊂≠|l三彡´ └===┘   ミ三三ミ=壬三二彡} ......┃           観客の歓声が聞こえる。
 ̄ ̄ ̄ ̄i ̄  `ヽ                   /  ̄ー-弋 ̄ヽ   .┃         └──────────┼
     /|     |                 /     |      |   .┃
    / |     |                   {     ト       |  ..┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ノ|     / i                  人    | `ヽ    | ......┃__
|    |  | ン  ノ{              } ヽ   |  ',/   i |   ┃_   `ヽ
ヽ  丶|  く`ヽ   `ヽ          /    >,,.ハ  i   | |  .┃_>    \
 `ヽ  l   }  ' , '"゙  ',         i   /  ヽ  レ  / !  .┃ヽ    _⊥                         _
ヽ  ',  \{   ',    ',         /´´ i/   { /  / )  ┃ `ーイ/ ̄`ヽ   r-、          __r、    , <:.:.:
  ', \    ヽ   \_...,,丿         i   ノ    /´゙  /  /  ..┃   く:::::::::::::::::‘.__ 厂Yヒァ-- 、 とア\ ヽ___>x ./:.:.:.:.:.:.
  |   -、,_...  )               丶ー′,: ''"゙´  / / ,'   .┃ー-、ハ:::::::::::::::::::V:.ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ > ⌒ヽ  Y ヽ!ハ:.:.:.:.:.
   !`゙'''ー-   ̄` ゙ヽ              (...,,,_...-'"  / ,′  ...┃:.:.:.:.:.} /ヽ:::::::::::::::::V/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::::::::}'´¨`ヽ ヽ ヘ:.:.:.:
   `ヽ  `゙''ー-、,_冫            _...- '"´  _...ノ ,'   .....┃:.:.:.:./ .}:::::V::::::::::::::::V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:::::::::/!:.:.:.:.::ハ  >^⌒
      `ヽ   `ヽ           l´   _...-イ   /     .┃≠^ー'::::::::V:::::::::::::::::V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y仁!>==イ_> ´:::::::::
         ヽー /           ∨''"゙/  /  /    ......┃:::::::::::::>::´^ー=-::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:ハ!¨¨¨ヽ   {::::::::::::::::/:
          ``´               !/"~  /       .┃>:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:.:.:.:.:.:.:.:.:ハイ::::r^ヘ::{ー- }:::::::::::::/:.:.
                           (_...,,'-"        ┃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>へ:.:.:hイ ././ヽ_L=<_|___!::::::::_ノ:.:.:/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫::::::::::::::::::::::::::>< }}   ヽ|  /./   \  ヽ   }_:::/:.:.:.:./
                                          ┃::::::::::::::><{ り  .L======_/    ⌒ ゙Y:(_ ^¨).イ
                                          ┃>< ||:::::::::V  .}!          , ー 、    ∧_ア´`!
                                          ┃:::}リ  |}::::::::::ヽ_ハ       ./:::::::::::|`ーイ   | ヽ
                                          ┃../   .|}ー--イ  〈`ー-~---く::::::::::::::|   :|  |  \  /
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

972 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:23:25 ID:XFNze2bg



┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃               |        |ム           .┃
┃             │     | ∧           ┃
┃                 !      |'/∧         .┃
┃                 |        ! /L_       .....┃
┃                |        l / ̄〉      .....┃
┃               |       |  /∧        ┃     ┼───────────────┐
┃              |     /`i ′,∧       .┃        男は断頭台へと連れて行かれる
┃             |L... _     │ /'/∧.     .┃     └───────────────┼
┃                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.   ......┃
┃               |..__ , /〕、   _」.   .....┃
┃             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉     ┃
┃                ∠.. _     /!-‐=ニ />..    ┃
┃          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉   .┃
┃       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´   ....┃
┃       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'        .┃
┃       `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´      ......┃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃



               ┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ┃                ::{三ニイ从l〈////〈:::::          ...┃
               ┃                :::::l//∧//∧ミ}ミ〈_:::::..         ...┃
               ┃                :::::|///,}'/////`ー'}::::::        ......┃
               ┃                :::::::}'///}'///;ハ__.ノ::::::        ......┃ ┼────────────┐
               ┃               :::::r'////l////{'//{::::::::           ┃   刑の執行されるそのさなか、
               ┃              .::::rへミニi|'///,|///〉::::          ...┃ └────────────┼
               ┃             .::::::/x、__.l|'///,|///{:::::            ┃
               ┃               .:::::::///////}'///,|'//∧::::          ..┃
               ┃             :::::::////////|'///;}∨//}::::         .....┃
               ┃             ::::.\` <//l|////i._〉//|:::::          ┃
               ┃              ::::::.\ー--|//乂{〈//.ノ::::          .┃
               ┃            .............::::::::.\//>≠イ∧¨|:::::         .....┃
               ┃         .::rィ7ミx:::_::::::::::::ヽ/// ;'i/∧|::::         ......┃
               ┃         :〈:{./.::::///∧x、_::::::Ⅹ  {///∧::::          .┃
               ┃         :::}:}}:::::l////{'/,ト///ゞ'-リ'///∧::::.          ┃
               ┃         :::|:| |:::{i}//∧∨∧//////\//;}::::::        ....┃
               ┃______..:::乂匕::≧x=≠ニニミ//////>リ:::::::..___   ...┃
               ┃    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      .┃
               ┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃


.

973 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:23:37 ID:XFNze2bg
















                                      ┼─────────────────┐
                                        ふいに彼女の旋律が現れるが……
                                      └─────────────────┼
         , イ /../ /   |!| ヘ    {                  /
         { / /,イ     ∧              //////ハ
         |}' / / /    ∧     r- _              ムイ
          X  ./ /  /    ∧     !   _.T       /   _,.        ,,、
             )/ /!  '   i .|,∧    { /  i       /--y≦     .,l` ,,,ll゙゙"
           / /|| , 仆.|/:ヘ   V   ノ          _/         /,l,,,lll゙゙`
.          , ,'  ! i / .j.| .!   ヘ    ̄      _,. -‐ // ./  ,   / |ll゙"
.           | !  | i /  |.| |  / / `ーt---==ニ二     // ./  /  /| .|.ll  _,,,,illー
.           レ   ! |{  |.| | .' /   ,ハ             // ./  / ./ .| .|.゙゙゙゙゙゙~ .,,,illll'
               | |i   .|.| Ⅵ {  _/// }.         // !7   /∠   .| j    ゙`.,,,,,,illlヘ
               | !|  }ルハ i}_/〃==、i          /´ }'|  /    ̄二ニ .,illlll゙゙゙~
                                                  ,,.,、,,
                                                  ゙'゙,,l゙゙
                                                  ,i!`
                                                  ,l゙
                                                 .'゙

.,

974 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:23:50 ID:XFNze2bg




      |\               |li1i|i|l|
      l  lヽ          |li1i|i|.|    l|l|   !l:|| |li1i|
       l ヽヽ.           |li1i|i|.i    l|.!  .l:|| |li1i|
       l  ヽ ヽ           |li1i|il     l    l:|| |li1i|    .
       ',  ヽ \.         |li1i|il     l    l:|| |li1i|  ,.-''´
       ヽ  ヽ  `ヽ、    |li1i|il     l    l:|| |li1_,、-' ´
        ヽ   \    `丶 、._li|i!     !__..、 -‐''´
         ヽ   ` 、         ̄ ̄ ̄ ̄             ,./
          ヽ     `ヽ、                        /
           \      `丶 、             ,.-''´
             ヽ、                  ,. ‐'´|
              `ヽ、           ,. - '´ .|li1i|
                 ` ---------'' ´      .|li1i|
                    |li              |li1i|
                    |li              |li1i|
                    |li              |li1i|
                    |li              |li1i|
                    |l                i1i|
                    |l             1i|
                    |l                 i|
                    |l                 i|
                    |              i|
                    |                 |
                    |                 |

                             __
                                |::::::|._
                      _____|::::::||_:::|
                      |:::::::::::::::::::::::::i____i/::::!
                      i:::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::|
                      |___:::::::::::/  ̄          ┼─────────────────┐
                         /::::::::::\    /\         断頭台の一撃によって遮られる。
                        /:::::::::::::::::::::\  /::::::::\     └─────────────────┼
                       /::::::::::/\::::::::::::/  .\ ::::/
                      \:::::::/  \:::::/    .\/ ./\
                         \/    丶'       /::::::/
                                    /::::::/
                                    \/




.

975 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:24:04 ID:XFNze2bg




       ., ──‐、
      /     \            ま、悪趣味な曲かもな。
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ     「 もっともサイケデリックな交響曲 」 だなんて
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄      言った指揮者もいるくらいだ。
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫        だからこそ人気が高いのかもしれない。
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)        業の深い話だろ。
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



.

976 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:24:25 ID:XFNze2bg




     ┌──────────┐
     │  8.眠れる美女    │
     └──http://www.youtube.com/watch?v=nGUoEQMeEuE( ピアノ )
           http://www.youtube.com/watch?v=btssjcqDQBw( 合唱 )


──────────────────────────────────────────────────
:::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ     ろ::::  :::::::        WwwW'":::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ
iiiiiWWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y   ろ ≦::: :::iiiiwwiiiiiiiw;;;;;;:::::::......  ゝiiiiiWWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y
:::\\ :iレWWW;;;;k'^:::::k Z   ゝ::::::::`Ww、iiii\`WiiiiiWWW;;;;;;;::::き:::\\ :iレWWW;;;;k'^:::::k Z
^'`'|川 :i|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw   ミ:;;;;: iiWwiiiiiiWwili: lノノリリリiiiiiWk'^'`'|川 :i|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw
  |川 :i| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww   w`'^`-|i: :iiレ' .|i: l川|wW-'^"`  |川 :i| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww
  |川 :i|^'w|川k'w^ii/'"´WWW  WW  .|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|^'w|川k'w^ii/'"´WWW
  |川 :i|  |川  |l:i|   |i:|    |:|   .|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|   |i:|
  |川 :i|  |川  |l:i|`''^`|i:|^`^''^`^`^`''`'|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|`''^`|i:|^`^''^`^`
  |川 :i|  |川  |l:i|  ~^~^        |i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|  ~^~^
  |川 :i|  |川 ''"'''''           !|i: :ii|  |i: l川|`~^~^ !|川 :i|  |川 ''"'''''
  |川 :i| `~~~^.           .  wi゙|i: :ii|  |i: l川| |レ ' .  |川 :i| `~~~^.
  |川 :i|ww  ll        ._    .    `~~~^ !i: l川| .||   |川 :i|ww ll        ._
WWWiii||wW ヽ!l/                  |i: ll川|ii||/WWWiii|W ヽ!l/
         |レ'      wiiWWWiii||wW       |レ'
  wwwiiiiw  .||                 wiiWWWiii||wW
                 / ̄ ̄\                 私は美しい……。
  ,,,...            /   _ノ  \
   wWll||Www       |    ( ●)(●)       /´⌒`\     まるでボッティチェリの世界から抜け出したようだろ。
|Www            |     (__人__)      /     \
────────── |     ` ⌒´ノ───-/       \
              .l^l^ln        }      /    /\   \
              .ヽ   L       }     /    /   \   \
                ゝ  ノ    ノ___/    /      \   \
              /   /    .         /       \   \               /⌒l
             /   /                 /______ \   \_________|   |
           . /    /    ・                          \   `ー- 、             |
           人__ノ ___________________\_____) ________」


.

977 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:24:37 ID:XFNze2bg



.        ィ    ./|
      //    .| .|/|                              . --ミ __
     / ./    | ./ /      ま、冗談はおいといて。      .  '::::::lム '´ ー- 二つ
.     /  /  /| |/|/                             . イ::o:ο:/     ー- _づ
    /  /   |  |       __                     _. イ:::::/::::::::::::ハ___ `゙ ー- ァ‐'
.   /  /    .|  |     /   \        __r~y-/:::::/ /:::::::::::::::「:::::::::::::厂 ̄ ̄
  /  /     |/           \_ ァ':::::::::/::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::_ノ
. /  /             ',    ´. -‐/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::; -‐   ̄ ̄ ̄ ̄´
/  /                 ∨//::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  '´
. /                 Vム::::'´:::::::::::::::::::::::::::::::::; '´        _____
´           ┌-<ア´:::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::;:{:、    _.. '´ ̄::::::::::::::::::__二 ーミ
          r~'::ーヘ:::::、:::::::::::::::i:::::、:::::::::::::::::/:::::::::::::ァ''´:::::::::::::::::::::;:::::::'´:::::::::::::::::::`ヾx
          /:::::::::::::::::::\:\::::::::::l:::::::ヽ:::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::;:::::'´:::::; -- 、::::::::::::::::::ヾx
           ヽ::::::::::::::::::::::::ヾ::\::::::::::::::::::、::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ム-‐ ´     ヽ:::::::::::::::::Ⅵ
            ー ´ ̄¨}::\:::::::::i::::::::::::〉:::::::/::::::::::::::::::::::/       _  _ 、:::::::::::::l:l
                    └― ミ:x:}:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/      / /__/ /'  ヽ:::::::::l:!
                         `リ::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::∧    _/    ./_   ゚,::: |i
                        「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::ー.、 ./_  _  _/   ゚。::::|!
                     ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ // ./ /      }:::/
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. ./ /   /77/7′
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧. ̄   ≠≠_/


.

978 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:24:49 ID:XFNze2bg




          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \                        マザーグース
        |    ( ●)(●)     モーリス・ラヴェル作曲の 「 マ・メール・ロワ」 より
        |     (__人__)     「 眠れる森の美女のパヴァーヌ 」。
        |     ` ⌒´ノ
        .|         }      1910年作曲。                           ,. -- 、
.        ヽ        }                                          ,. '´イ   }
         ヽ     ノ                                       ,  ' _,. '
          /  l/r´ ̄}}                                  ,. '´         , '
         / ヽ!〈 r´   ヽ--―― 、                   ,. 、 __ --‐ ' ´        ,. '       _,,,、 -=''"/
           ム.、 ト| !、   ,.-        `丶 、        _  -―ヤ´               ,. '        /   _,,.、./
          ./.リヽ `┴`キ (、           ` ー-/ _/` ー-                ,.  ' ´          '"ニ-─ッ    ,,.
.          /ニ/,. >、   \              /           { / / _ -‐´             /´  _,,./ ,.、=''"´/
.         /  イ-ヽ=\  ,\             /  __            ∨ / ̄       ,. ' ¨ヽ        ヽ_‐ニ"‐'"´   ./
          `ー― イノ__〈.イ/  `丶、 -、      /     \   ヽ{.      `〈ー一' ー― '´      }         丶    _,..、‐'"
                イ´ /     /`|l!    ,/ i|!  l| i|   ,/、      \          ,.イ           ヽ、-‐"
         , - ' ´   /     /  !|!    ,/ l|   i! l!  ,/  ヘヽ.       \      , '
      , 一 ´    /    _, -┴' . |!    ,!' l|   l/l!  ,i'  ヘ. \      ト----‐ ´
   r'´      / _ -‐ '´   /. !l    i! .l!   l! l!  i!    ヘ_,\      ∨
   /        ,.‐' ´     ,.-く ̄f |!    l!/l|   | l!  i!    }   ∧    ∨
   ̄ `ー 、 /     , '´ ,!    ; .l!    l'" l! //l_,,/ヽ ''"" .l   ∧     ∨
         Y      /    ;|    ; l|!      l//  ´. -‐ ヽ   l    ∧    ∨
       /    ,/    ,',!   ;' l!       /     `丶-ヽ.  j       ヽ 、__ 〉
        /    /     /,'   ;'  !     /    /'7        ̄      ` ー‐ '
                     |!    |!   /  ./
                     .!l    |., /    /
                     .ll!    l/   ,../
                      l!        ,./
                      .l!    ,.、- '"
                      !l _,、-'"
                      `''´


.

979 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:25:02 ID:XFNze2bg





           (⊃ ̄ ̄\
         (⊃   _ノ  \        ラヴェル、彼もフランスの作曲家だ。
        (⊃   ( ●)(●)
         |     (__人__)        ベルリオーズの約70年後輩で、
         |     ` ⌒´ノ        20世紀初頭に活躍した作曲家。
           |         } \
         /ヽ       }  \
       /   ヽ、____ノ     )     まあコイツもたいがいマトモなクラシック作曲家ではない。
      /        .   | _/
     |         / ̄ ̄(_)
      \   \ /| JJJ (
       \  /   /⊂_)







        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \            代表曲は最初から最後まで
      |    ( ●)(●)           執拗に同じリズムとメロディを繰り返す奇作 「 ボレロ 」
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }           この誰にでも思いつくような曲を10分も飽きさせないラヴェルの手腕は
     .ヽ   L       }           尊敬と同時に狂気としか思えん。
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \           普通の作曲家なら途中で怖くなって変化を求めると思う。
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


..

980 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:25:14 ID:XFNze2bg




                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\         前述のとおり20世紀はすでに最新世代だ。
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|         もはやモーツァルトは古典。
                 |   ` ⌒´  ノ         トップを走るのは情緒性の上に民族性も加えて大成功した
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }          ドヴォルザークあたりってとこかな。
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´





               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \        そんな中でもラヴェルはさらに特殊感性の中に生きる人間と言える。
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __    バスク人の母と発明家の父の間に生まれ、
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ    幼い頃から音楽の道に進むことを奨励されのびのびと育ったラヴェルは
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /        音楽院できっちり基礎を学び、自身も古典的な曲作りを好みながらも、
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)   民族的な音楽に興味を示していた。
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ



.

981 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:25:27 ID:XFNze2bg


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                    ┼───────────────────────────┐
                        幼き日にパリ万博で見たカンボジアやインドネシアの

                        オリエンタリズム
                         東洋趣味 には特に深い関心を寄せていたようだ。
                    └───────────────────────────┼


    |
   .ii                                                   |
   i i  .|                                            | ii
   .i i i i                      i                         i:i. i:i
   |ニ | l__l                     ハ                        l l | |
   |  ! ! !                 ,. -''"  ̄ ``''-、                 |-||=|
  _|___|_| |                /:::/:      ヽ \               |: ||: |
   }三:{}三{            ∧ /ェェェェェェェェェェェェェェェェ ヽ_            [ニ{ニニ}
   |  .||--|            テ.'''''i'''''i'''''''i''''i''''i''''i'''i'''i'''i''i''''''i             | |  |
   |  .||  |         _,, - {ニ ァニ、ニニニニニニニニニニニニニ ァニ、           | |  |
   |  .||  |      ∠二______|:| | .||/ ̄ ̄_ ̄ ̄`n; | .l~`ヽ、_       | |  |
   |  .||  |      _,l____ _____|::r'  -  ,.イ;彡i iミミ;ヽ、. .::!"  ・iニニニl,,___    | |  |
   |____||--|    _|二|||____H._r-|::| ・  / i^i l^l| |l^l i^i::ヽ:|   |___________|::::\..._ | |  |
   |  |  l   | ! |=ニニニ=、l::| ・  i^i.i^i.i^i.i^i.i^i.i^i.i^i:::|   : ! iニn二nニニニl二i, | |  |
   l   :|  l_,,,,--|__・__レ'二 ヽニ\!   |二二二二二二:ヽ:|   | /__,..- 、ヽ三┐i |-:|==|_ _ _
  ,'_____',/, へ___|,,, / ̄∩~\./二二.|/i⌒iヽ    /i⌒iヽニニニニ゙:l ∩∩|::iヽ、___\ |==| LLL
 , ,|  _,..-'''"    ̄| ∩   ∩| ̄ ̄ ̄| |--| , -┸ 、|--|-トi- , -┸ 、. n !::!    , --┸-.、  ;;
 ,, | /i  ri ロロ ロロ |  ∩   !_____| | /     ゙ヽ.|._|/     ゙ヽ_|::|  , ∧  ,.;;:,;;;';.,,:::
 三三 !_ロ,.;i;';;;,, r'ニニ/三.;ii';;,,二Y----i./: . : .: .: .: .: .:.;;:i::、;  n   nヽ:| _/ |lL| ,.;;:;,.;;';.,,,',,
   ,; ;;;|フ,.;;,.;;:。:;;ヽ ri |  ,::、;:,,;,;,, |,  r==、_______________;:、;:;;::;、=======テ , -'" ̄`゙ヽ、 。;:.;;:;:;;
 ;,.;;:。);:;;::、;; ;;::、;).|__| Yii;:i;;:/; ;ヽ/ニ|.i i i | ;:;,.;;';.,,,',ノ,.;i;,.;i;';.,,';.,.;i;';.,,,ニ/: : : :     ヽ';.,,,;:;,.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

982 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:25:40 ID:XFNze2bg




         / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、_ \
      . | ( ●)(● ) |       一言で言うなら 「 温故知新 」
      . |  (__人__)  │
        |   `⌒ ´   |
      .  |           |          膨大な先人の上に自身を色づけた作風は
      .  ヽ       /            他の民族主義作家とは一線を画した、
         ヽ      /           新世代の麒麟児といえよう。
         >     <
         |      |
          |      |







           / ̄ ̄\      *'``・* 。
         /   _ノ  \     .★     `*。
         |    (●)(●)   |       *
         |      (__人__)    .|       *
         |     `⌒ ´| ./⌒l|       +゚    もっとも、すべては彼の音楽性の素晴らしさあってのことである。
        . |        } /  ノ       ゚*
        . ヽ        }/   /      +゚
          ヽ     ノ'  /     。*゚       彼を形容する言葉は他とは類を見ないほどたくさんある。
.  , -―――一 ´        /   。*・ ゚
 ( _   _         /  。*・ ゚               曰く 「 オーケストレーションの天才 」
    ""''',。 ヽ       。*・ ゚
      +  │  。*・ ゚ 〈 * 。                  曰く 「 管弦楽の魔術師 」
      `・+。。*・ ゚  ヽ_ ヽ、   `*。
         ヽ      \l     *              曰く 「 スイスの時計職人 」
          \__、   |     *
            /  〉   く     ゚*
           _ノ   \__) ~。*゚
         (   /     ☆
          |_ノ''







                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\         彼の手から生み出される音楽は恐ろしく機能的で美しかった。
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|
                 |   ` ⌒´  ノ         色彩感覚に優れているとでも言うべきであろうか。
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、      同じ楽器、同じ技法を用いながらも
           ノ   {.   ,ヘ    *. ゝ、_ .'ヽ).        、 、 、
.            /, 、 . : . :.: | *. : . : .',  . ..  .ヽ、    音の色作りがめちゃくちゃうまかったのだ。
           (/ /. : .: _人_. : . :.: ...|\..\\ \_)
             / . : . :.: `Y´. : . : .:  . . \_\_*)
            ー' {_. : . :.: | . : .. : . :.: | *. : . : .
                   . : .: _人_. : . :.:
                  *. . : . :.: `Y´. : . : .:
                    . : . :.: | . : . :
                           ☆
                         *. : . : . :.


.

983 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:25:52 ID:XFNze2bg



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃                |ト爻| .||
┃                |ト爻| .||
┃                |ト爻| .||
┃                |ト爻| .||
┃                |ト爻| .||         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃                |ト爻| .||         ┃        : : : : ハ      .|lilililil:i :  : :  i : : :
┃                |ト爻| .||         ┃        :.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  、   |lililil;l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
┃二二二二二二二二廿ト爻| .||         ┃        .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヘ  ',   {ilililili;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
┃.ァァァァァァァァァァァイ.爻| .||         ┃            ̄ ー―-ヘ    .i--==;.;.;.__;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
┃乂_乂_乂_乂_乂_乂_乂,,乂.| .||         ┃                     ヘ_ _  V        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┃──────────┘.||         ┃           - _   ー.',- ̄ '-_-
┃ニニニニニニニニニニニニニニニニニノ         ┃                ̄ T  ̄ヽ、
┃                          ┃                   } }   リ
┃                          ┃                     /  !   /
┃                          ┃                   V  /  {
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┃                 } ./  /
                            ┃                 >{_,.='
                            ┃
                            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                , '⌒ヽ、     / ̄ ̄\
            /    ,. -ヽ  ./ ノ  \ \     その才能に触れるには楽曲を聴くのが一番良い。
     __     | 、    ノ__ .|  (●)(●) |
 /´    `ヽ._/   `ー/´  ヽ.|_  (__人__) .|     「 展覧会の絵 」、「 水の戯れ 」 などは
/            \  /       / `ヽ ` ⌒´ |     その手腕が遺憾なく発揮されている。
{        ,.     y′     /   /ヽ    ノ
丶. _ .. -‐ ヘ    /       /    /   }  /
          ヽ            /    /   l  ヽ      そのなかでも彼は、
           ` ー、               .ノ .. |       とりわけ童話的雰囲気を持つ音楽に優れていた。
            ヽ.__         /  ... |
               丶--―‐--'´














                 / ̄ ̄\
                / _ノ  ヽ、_ \
              . | ( ●)(● ) |                       マザーグース
              . |  (__人__)  │         ここでようやく話は 「 マ・メール・ロワ 」 へと戻る。
                |   `⌒ ´   |
              .  |           |
              .  ヽ       /
                 ヽ      /
                 >     <
                 |      |
                  |      |


.

984 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:26:05 ID:XFNze2bg


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                    , '´ ̄f令y、__      誰が殺したクックロビン♪
                      /  /rヘミイヽ  `丶、
                / / //// {{ /    \              ,-'´ ̄ ̄`ヽ''´l_/` ー、
              , '´ /〃////〃 / / / ,   Y7           /´       ,.ゝ-、-、._ ヽr‐=‐‐‐コ
              ,  '´  ///〃/{//^X / // / , /  {レ示、         l       ,...-!‐ 、‐'ヾi   ヽ_/
          , '′,  / //〃/rク不=彳// / //  ハミ処}ヘ      _,r'ヾ!     ,.r'´`ヾヽ  `i !.li   l  l
         /  / / //〃7=ゞ杉'′〃 /‐く /  /`7  ヽ   .r'r',..  li、  (r'´   ,!l__ ' '´i l  .ド !
.       /  /  /f了 /〃ハ         r采/}// /    |   .`‐'‐‐'´``ーi┴く-‐‐'l フ`',-、ノノ   /  ノ
    / , イ //__〉廴几// rヘ  r、 '  〈沙'}彡'´/ /   l |         l.ヾーゝ_/'´ ロブr'´  /__,.ノ
   / /// / , ! {/ └ク`ー′ハ `ー'     / / / ∧   |  |          ヽ、`ヽ=!‐''´ _,.r'"´
.  /// // / / l 〕   しrヘ ┌┘`¬ァ冖7´  / / /   l  |            `!ー-、.......ィ´l/
 |/ // / / |/ 7⌒) //―廴rヘ、└勹  / / /  l|   l  |            ヽ、   ノ-‐l
  |,' / l / ,′ ,'レ'´   ` ̄}_〉 ̄\/7Z_人  厶__ i  ハ  l|  |             `  ̄ヽ_ノ
  | ,′|  /、 / j       `ー―く/     }'´ / l  | |  `、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     __/{
_人_   〉   >
`Y´   ― 、/ 。  o。       > ' : : : - 、ゝ- :  :}.: : :.: : : : . : : . `ヽ: : : i
           ゚    ・ 。 ,.☆彡' : + : : : : | : : : ...::..: ...::|: : : .:: : : :__∧__:..:| _人_
                /7´ .:  : : : : : :,. -、: ....:::::/::::_,ィ_ハ: .:...:::: :| : `i,.、iヘ::.. {  `Y´
                    /:十.::  : : : : / /....:::::::/_:/7/`| :..:::}i ∧: :. :. : 、∨.ヽ       キラッキラッひかる♪
                / / .::: : ...: :,/ / .:.:::::::::z'==ミ{/、 |.:}::;キ|⌒Ⅵ:...:. : \: ∧
                 {:イ .::/..:,.イ  ノ⌒j、:::::::/     `   |/::iィラ:Tヽ}ハ:::.. :|::`:. ∧      お空の星よ♪
              <\ { .//   r' _ ノ }-‐'――‐ 、   }_/辷ツノ/☆:}i:: /::::::. : .|  ☆    l
                ┌―‐z不 l   ‘7__ノ ,r┬――___’  ノ  `¨`/::::::::::}ノ::::::::::l: :|     - + -
               > ´ { {    `ヽ  /:;小.   ∨ `ヽ     人:::::::::/:::::::::::/} /       l
       。o..斗゚ ´     ヽヽ.     ー〈::ハ{::} ヽ.  `ー ´r― xく:Y:::/∨:::::::::::/,ノ′
 _ノ ーァ  ,  ´          _人_イ_>―、  }ヽ|ノ   ` ._ . ィ{ヘXX}:_ノ _}:::::: /
 `j,.- ゚ /           ,. イ`Y´{´  廴._ }__ノ、 ヽ __ !  /、:{/   `く ,ん. 〉≦ヘ.__  __j__     |
    /          /、    ∨.。 ゚  }  ヽ ヽ.`ヽ._ {  >    /  厂}、〉,、f´   i′     人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \     イギリスの伝承童話 「 マザーグース 」
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |      「 アリス 」 なんかでも有名なアレだ。
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ


.

985 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:26:22 ID:XFNze2bg




             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ           「 マ・メール・ロア 」 は子供好きのラヴェルが
            |  (●)(●) |           友人の子供に向けて作曲したものだ。
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }            童話からいくつか題材を選び、5つのピアノ曲として
          __,, -ヽ     ノ -、          子供たちにプレゼントした。
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ        「 眠りの森の美女のパヴァーヌ 」 はその第一曲目だ。
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄  パヴァーヌ ハ 踊リ ミタイナモン
   _,,. -‐''"  `ー---''"













           / ̄ ̄\
      .   ./   _ノ  ヽ             簡素で静かで短く、美しい。
          |    ( ●) (●)
          |      (__人__)  ∫
          |     `⌒´ノ ∬
      .   ヽ         } | ̄|           ちゃんと解説をしろ?無粋な奴め。
           ヽ     ノ |_|)
      ____/      イー┘ |           聞けば分かる。
      | |  /  /     ___/
      | |  /  /      |
      | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



.

986 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:26:34 ID:XFNze2bg



┌────────────┐
│  9.プリティ・ウーマン    │
└──http://www.youtube.com/watch?v=xzgqkU5a9Uk


                   ┌───────────────────────────┐
                   │                                       .│
                   │                      ____ ヽ、              │
                   │                 __ゝ--- ´: : : ヽJ{             │
                   │              __.--: : : :    ===ミ=x L__          ....│
                   │           -==彡: :  _ -T - ‐¨¨¨ `¨ミ}_: : ` 、         .│
                   │            /:.:.><γ|: : : : : : : : : : ヽヽ: : :ゝ         │
                   │           ∠ノ: :.///:∧.: :/|: ハ: : : :              .│
                   │          ムイ: /:/:| / /___Ⅵ_レ__Ⅴ___: :   ☆         .│
                   │           ∠ ___.LY 7Tハ T寸寸}: . 彡           .│
                   │           >: : |┘ ゝ(●)  (<)イ      バチコーン    .│
                   │         >: : : : : :{___..λ''' ´_  ''''  厂:./:            ...│
                   │        /: : : : ______ ノ /ノ >、.´`   イ: :/: ,: :.|          .│
                   │        |: : : : : : : : : `‐‐‐: : :≧-≦´lレi: :イ:∧: :|         ..│
                   │        > : : : : : : : :┌--o、__: : : : : --.レ  ヽ|        .....│
                   │             ̄ ̄フゝ:/:∧、}: : : : : : : :.}           .....│
                   ,, -‐ 、            /: :〈:/:./-}:.:´ : :l: : : : : :}             .│
                  /'    ヽ             〈 .:.:.:.: : :/i/∧: : :.:|: : : : : :}           ....│
       / ̄ ̄\      ./      i.            ∨: : : :|///∧: : :マ: : : :.∧           ..│
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........il.────────────────────────┘
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/       同名映画の主題歌より 「 プリティ・ウーマン 」
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/         現代のシンデレラストーリー、あるいは 「 マイ・フェア・レディ 」
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l          ……は少し違うか。
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



.

987 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:26:47 ID:XFNze2bg





          / ̄ ̄\
         / _ノ  ヽ、_ \
       . | ( ●)(● ) |     お話としてはマイフェアレディのほうが好き。
       . |  (__人__)  │
         |   `⌒ ´   |      だがジュリア・ロバーツが可愛い。
       .  |           |
       .  ヽ       /      あとセクシー。
          ヽ      /
          >     <
          |      |
           |      |









          / ̄ ̄\
         /ヽ、_    \
       . ((● )     |     ……とか思ってたら、けっこう身体は代役が使われているらしい。
       . (ノ、__)      |
        .|⌒´       |
       .  |        |
       .  ヽ      /        あの体はだれだ。
          ヽ     /
          .>    <
          |     |
           |     |



.

988 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:27:00 ID:XFNze2bg




┌────────┐
│  10.英雄    .│
└─http://www.youtube.com/watch?v=W-uEjxxYtHo( 第一楽章 )


          ┌──────────────────────────────────┐
          │              7: /,   ´  '. `  、| : |  ./:/     ./,.┬; :└ヘ、      .....│
          │.           ∧   l/        '.    ヽ|__/:/_____ //く: :く ̄\/         .│
          │           }:L/         '.      ,〉|: | ○ /: /、   }_}____       .│
          │         ア            i  .///: :l: ̄/: /\\./,. -一ァ: :/       │
          │           /  . -――――― 、| //l/: : :l /: /  ./,x《     \:` ┐    ..│
          │        厶:´ : : : : : : : : : 、: : : : : :\´ V: : : :/: /  //:i |     └‐┘    ..│
          │        /: : : : 、 : : : /\__|_\: : : : : :\}__/: : :/,. イ⌒ヽ | |           ......│
          │.     /: : : : :|: :!_\: : i ´ x==ミト、: :,ハ:|: :、:__:/:/|  |.|O|    _ _       .│
          │.      |∧: : : |X| ,r=ミ:| 〃 ん:ハYV: l人 : : : :_;/_:!   | :j j   / }_`マハ     │
          │   〈ヽ|∨|\:ムハ {{ fィハ    弋tり {: :| ,リ ̄、   \._!   |厶,ハ ̄/  /ノ } l|     .│
          │.   \ r 7´ ,.}∧ 弋り ,        }: :V     \./ :|  |  `ン′ /ーr ' l|     .│
          │     八__ア´/: ;ハ    r  ´ ̄ } ム: : '.  / /   |   j /    /   ー‐'′  .....│
          │.     〈/´  ./: /  ` . _\   /⌒\: マ! ̄/     ' _,ノ'´   / } _,. ´ ̄)   .│
          │          //          ̄ ̄      }: ||  !    /          ̄ ̄     /   ....│
          │         ,, -‐ 、 __/\        ∧八__|   :i          ヾー一 '´     ..│
          │        /'    ヽr‐、/        .//    、  |      }       ` ー--- 、  .....│
      / ̄ ̄\      ./      i       /\_|: :|     \/   }/ ` ー; 、_____ノ  .....│
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i   く: : : : : ___|      ./   /___ /          ....│
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::| .     \/         /   /                  .│
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l                  (___ /                   │
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!l.─────────────────────────┘
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/      ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン御大より
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/                 エロイカ
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|        交響曲第三番 「 英雄 」。1804年作曲。
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i       偉大な作曲家でありながら変人奇人でもある。
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''


.

989 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:27:13 ID:XFNze2bg



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           .      l ̄:l
                                 ヤニニア        ジョセフィーヌ
                                 |l--l|     < また 君 に恋すてふ。
                                ,.-´ `-、
                               _ノー‐_.八_
                             γ´  <__ノ`ヽ
                              |l ______ l|
                              |l |       | l|
                              |l |       | l|
                              |l | IICHIKO | l|
                              |l |       | l|
                              |l   ̄ ̄ ̄ ̄  l|          ∧∧
                              |l______l|         ( ゚д゚)  ナニガ ナポレオンダゴルァ
               / ̄ ̄\         `――――――´         と と彡               ----- ミ    。
━━━━━━━━━/ ノ  ヽ、.\━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ /_/゚ ;
             |  (●)(●) |
          / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
         /        \ ._|_____      フランス革命の英雄、ナポレオンのために作曲したが
       , --'、             /         `〉
      / ⌒ )        /         /     「 なんやあいつ国民のためやなくて
     ,′  ノ          /           /       自分が皇帝になりたかっただけかいなアホンダラボケカスゥ 」
     l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l    とぶち切れて献呈を止めた……というのが通説。
       `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ




.

990 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:27:27 ID:XFNze2bg



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                         _ -=ニ二三三
                  ┼─────────────────────┐    /.:.://///////
                    しかし、この曲の第2楽章は                  |::::::::|//////////
                    これまた当時としては革新的だったのだが           .|::::::::|//////////
    _               「 葬送行進曲 」 となっている。                   |::::::::|//////////
.:.:.:.:////,\          └─────────────────────┼    .|::::::::|//////////
.://///////ヽ                                                |::::::::|//////////
////////////ハ                                          :r‐ ┐    |::::::::|//////////
'////////////∧                                          .:|///,|    |::::::::|//////////
'/////////////∧┐      _______                          ┌‐┘゙/,└‐┐ :|::::::::|//////////
'//////////////∧ー┐     i|////////|                          ゙|/////////,| :|::::::::|//////////
'////////////////} 」      i|////////|ー、                    └‐┐゙/,┌‐┘ :|::::::::|//////////
'////////////////}::\  _r::::i|////////|:::::::i ,.........、                  .:.:.:.|'///|>,,<|::::::::|//////////
'////////////////|::::::::i (::::::::i|////////|:::::::| |!::::::::|                   :.:.:::|'///|'////,|::::::::|//////////
'////////////////|::::::::|_i::::::i|////////|:::::::| |!::::::::|                   :::::::::|'///|'////,|::::::::|//////////
'////////////////|:::::::::::::::::::::::'////////|:::::::l┴─┴┐                ──┴─┴──l::::::::|//////////
'/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
'/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
━━━━━━━━━━━━ /7━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      //
                  //
            __    //       上記の説が本当だったとして、
     .    /ノ ヽ\ .//        曲の完成とナポレオンの即位は同じ1804年。
     .   / (●)(●〉/
       l    (__人_,//l
     .  |    `⌒// ノ          皇帝となる前から 「 葬送行進曲 」 の部分はすでに作られているのだ。
        l       // ./
     .   ヽ r-‐''7/)/
         / と'_{'´ヽ           尊敬している人にそんな曲送れるか?
         /  _.、__〉 ト,
         {  、__}  |.i
         ヽ _,.フ  .|.|

.

991 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:27:38 ID:XFNze2bg




           / ̄ ̄\
          /  ノ  ヽ \       ちなみに、この曲はナポレオンを表現した曲ではない……と思う。
          | ( ●) (●) |
          |   (__人__) |       標題音楽はもう少し先の時代だ。
         |    ` ⌒´  |
          |       |
           ヽ      /         単に 「 英雄にささぐ 」、
          _,,ゝ    (,_
        /´  `ー-一´`ヽ        「 壮大な曲なので英雄と呼ぶにふさわしい 」
        /  、      , |
       /   ノ        |  l        まだそのくらいの意味に捉えると良い。
       (  y'l       l_ |
       ヽ ヽ.        |' }
        \ソ`ー─‐一ヾ/
          |    ij  ノ


.

992 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:27:52 ID:XFNze2bg





           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \         tところで異論はあろうが、ベートーベンは古典派だと思う。
         |    ( ●)(●)
        . |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ        なぜなら曲における編成のほとんどが古典派のそれだからである。
        .l^l^ln        }
        .ヽ   L       }
          ゝ  ノ    ノ          まあ、曲の内容や意図ではなく編成で語るのも愚かな話だが、
        /   /     \         あくまで 「 時代を変えた古典派 」 という位置づけに俺は置く。
       /   /        \
     . /    /        -一'''''''ー-、.
     人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))






┌─────────────────────────────────────┐
│                                 後期ロマン派              .│
│  バロック音楽 → 古典派 → 初期ロマン派 → 国民楽派    → 現代音楽    │
│            /|                        印象派                ..│
└────────//────────────────────────────┘
                 //
            //
  .         //         / ̄ ̄\
             -、      /  ヽ、_  \       さらにあえて言うならベートーベンを語る際、
           /  /     ( ●)( ●)   |
            |  ,      (__人__)     |       「 古典派からの脱却 」 に主軸をおいたほうが話を展開しやすい。
            l  |      (`⌒ ´     |
        ┌―}  l  .     {           |
        ┌‐| lノ   〉      {        ノ        上記の楽器の編成においても、ベートーベンは工夫を重ねて
      「1( ̄ `ヽ /        ヽ     ノ―┐      後期になるほど現在の形に近づき、
      └イ ̄フ  {          小  ´   /  l       いわゆる 「 第9 」 において完成を見る。
        l 〈   ノー- 、     /」、__ム |  └i
        ゝ _ノ   /\ / /   r┐! l    \
           |      /  |'  //⌒Vー'| 厂\  \       まあマニアックな話だが。
         \  r'´       ,//   l  / /   \  \
              ` <. __///   / / /    /   /




.

993 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:28:04 ID:XFNze2bg




                   / ̄ ̄\
                 / _ノ  .ヽ、\
                 |  (●)(●) .|        その交響曲における脱却の第一弾が
    .             |  (__人__) |
                 ∧ .|   ` ⌒´ ノ
               /\ヽヽ      }           この「 英雄 」 である。
              ,r―''''''ヽ, ヽ    ノヾ、
          ,r‐' ,、;-‐''''""''ヾ、、,   く  l
         / ./     r''"ヽ, \,     l`ヽ、
         j l ,. /    '    l   ヽ、 ト,   ヽ      このあたりからベートーベンは楽器の編成をいじくり、
        ,.Lj∠、'´   , i,    /     `ヾ、`'ヽゝ
        l,      / 二'''"    ,;、,     `''ー゙--、    さらに叙情性を表現し始める。
         /゙ヽ-ッ-‐'´ ./`ト-:rイ「´ ゙l;:`''ト-、,_ ノ'i,
       /  / ,;∠∠,ノ´  イ  l l, ├''|  |、,/ l  |
    ../ノ ./ /、,    ,、' ./  / .l |:::::l,. | ゙ヽ、!_,,、L,
    ヽ---ツ  ∧   ̄ ̄  /    | |:::::::| |  r'"/  l,
       /  ./ .ト、,_    /      | |:::::::|. ! l'´! /   |
      ./、 ./   l,  ` ̄ ./        |.|::::::::l |. !. l, l     l
     .l、,.ノ     l,     ;'      .j |:::::::::!








                   / ̄ ̄\
                 / ノ  \ \
                 |  (●)(●) |        「 それのどこがすげえの? 」って思ったろ。
                 |  (__人__)  |
                   .|   ` ⌒´  .}         すげえんだよ。
                 .|        .}
                  ヽ     .  }         さっき言った、まだ 「 音楽職人の時代 」 だ。
           ___._,r、   Yヽ     ノトj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、      そんな発想はなかった or あっても出来なかったってとこだろう。
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ 冒険だもん。
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l









              / ̄ ̄\
            / _ノ  ヽ、.\      このあたりは音楽が貴族から大衆のものに
              |  (●)(●) .|      なっていくきっかけでもあると思う。
            !  (__人__)  |
              , っ  `⌒´   |      さらには楽器も進化し始めて、
           / ミ)      /       出来ないことが出来るようになってきてた。
          ./ ノゝ     /
          i レ'´      ヽ        作曲において制約がなくなっていく時代でもある。
          | |/|     | |




..

994 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:28:16 ID:XFNze2bg




            (⊃ ̄ ̄\
          (⊃   _ノ  \      まあ、この 「 第三交響曲 英雄 」 は1番、2番と比べて
         (⊃   ( ●)(●)       かなり現代風の曲作りである。
          |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ       聞き慣れてないと分からないだろうが
            |         } \      モーツァルトやハイドンはやらなかった曲風だ。
          /ヽ       }  \
        /   ヽ、____ノ     )
       /        .   | _/
      |         / ̄ ̄(_)
       \   \ /| JJJ (
        \  /   /⊂_)







                , -―- 、
             /     \
             /  \_   |       たとえば、ホルンの数が2人から3人に増えている。
             (ー) (ー)   |
             (_人__)    /       演奏面でも裏方的だったのが
                 l`\\   /         メロディラインを吹かせるなど扱いも変わっている。
              |  \\  ヽ
             /'"⌒゙''\\   \
            γ        .ヽr    ヽ    弦楽器主体だったオーケストラから叙情性を出すにあたって
           ハ!       E ) ̄ /     音色の数を増やす努力をしたようだ。
          { l       E )_ノ
          `¨ヽ,     . /
             `'''―''''″  ヘ
               /  /ヽ  ヘ
               _,/  / ご_ノ
             ( ヽ /
              \__ノ


..

995 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:28:28 ID:XFNze2bg




                    ,----、 ♪  ♪
                  /:  l  / / /
                 , -‐- 、:::::: | (__             それからも弦楽四重奏やピアノ曲で
                  l    l::::::: |.   ,)           色々試しては交響曲にフィードバックさせてた。
              /:|    | ̄l__| __ノ__
            .´jj ̄ヽ   ノ ̄ ̄´j-j ̄| |          この頃のベートーベンは時系列で追うと
            f'f===/  `⊃===f f___|┘          変化が見られて楽しい。
             ̄| ̄(  〈川´フ ̄ヽ, / /
              |.|三三三ll.|./   l.| ||
              Il /|\Hn 」   I| .''







         / ̄ ̄\
       / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、     彼の最後の交響曲、第9番はこうして作られる。
       |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
      . |  (__人/     \ヽ、,.// ../
        |    ` /       ``77   /       それはベートーベンの集大成であり、お偉いさん曰く
      .  ヽ   /          / /   /        「 音楽家を職人から芸術家へ押し上げた作品 」 らしい。
         ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
         /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
         |. \   〈\.\,〉 `,  f          だが今は関係ないので割愛する。
          | . \  (ヽ ヽ `..   |
          |    .\ \      ノ



..

996 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:28:40 ID:XFNze2bg





           / ̄ ̄\
          / _ノ  ヽ、_ \
        . | ( ●)(● ) |      俺、この 「 英雄 」 って曲、スゲェ好きなのよ。
        . |  (__人__)  │
          |   `⌒ ´   |
        .  |           |
        .  ヽ       /
           ヽ      /          吹いててめちゃくちゃ楽しい。
           >     <
           |      |
            |      |








           / ̄ ̄\
          / _ノ  ヽ、_ \      楽しいのはいいことだ。
        . | ( ●)(● ) |
        . |  (__人__)  │
          |   `⌒ ´   |       独奏曲以外でこんなにホルンに日の目を与えてくれたのは
        .  |           |       歴史上でベートーベン先生が初めてなんだ。
        .  ヽ       /
           ヽ      /
           >     <
           |      |
            |      |











           / ̄ ̄\
          / _ノ  ヽ、_ \       ありがとう!そしてありがとう!!
        . | ( ●)(● ) |
        . |  (__人__)  │
          |   `⌒ ´   |       作曲して200年たった今も、
        .  |           |
        .  ヽ       /        あなたの曲を愛している人はここにいますよ。
           ヽ      /
           >     <
           |      |
            |      |



.

997 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:28:52 ID:XFNze2bg



┌───────────┐
│  11.悲劇的序曲    .│
└──http://www.youtube.com/watch?v=ekJfYREBWME




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          __ , ────── 、__
                       , - ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      / ;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                     /,,;,,,,,  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ,,,,,,,,;::::::丶
                    / :::::::::;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;:::::::::::::::::::ヽ
                    i゙:::;:::::||::::::,!i:::::::::::,|i::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::゙i
                   i゙::::|;;;;| |;;;;;| |::::::::::| |:::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  . i゙::::::i     ''''''''''' '───' |;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|
                   .|:::::::|,-====-´  ゙ヽ,,,,,,,,,,,,,、    |:::::::::::::::::::|
      ___           |;::::::::|,-──、    ~,.--`‐、    |:::::::::::::::::::|
    r‐┴'ーミト. .        `ヽ、i     )__r'´    )__|;::::::::::::::/  なんで、人がゴミのようなん?
    |〃⌒ヾi.|三≧ト. .___   .  ヽ、__、/<    ヽ、__、-    /^゙-、;;;;/
    |{{::::::::::刈三三三三≧      {     ' '          '-'~ノ
    Liゞ=彡! 三三三三三:!    λ   ____        /-'^"
     i乂o.::ノ 厂三三三三||     ヽ,_  `ー─''´       (
     乂.__彡' ̄ ̄}三三三》     /`''丶、     , -    /^l
      `7¨ i三三「)三フ´ ̄',  /   /( ノ `'''''''´~ _, - ' ~ ゙i、         節子!それオハジキちゃう!お弾きや! >
      { _」三三!|三(__ ,ノ ヘ./   / /| ̄ ̄ ̄ ̄   _,-'^¨ }
      ゝ  }三ニ|j三三ミト   }     /  ゙ー────'~   \|
       ) ┴ー‐-=ニ三jjjj  ,′ /              ヽ  \
       〈         { Y! /  /
.         Y ー―-==一'i}}j′ノ´
        {          ノ}}!`ヽ
        ヽ  ー―‐<三|ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                ,ヘヽヽヽヽ
         / ̄ ̄ ̄\ゝ、   |
         /        \\.   \           「 悲劇的序曲 」
       |           \\,_ \___
       |     U      \ヽ、 ̄ ̄ ̄::\
       |               ヽ \.::::::::::::::::::::\
         \         U       |   \::::::::::::::::::/    1880年、ヨハネス・ブラームス作曲による “ 演奏会用序曲 ”。
         \           /   /::::::::::::::::/
          \        /_ /::::::::::::::::::::/      「 ドイツ3B 」 って聞いたこと無いか?
             /ヾ\____|_/:::::::::::::::::::::::/
             |. `\____,|::::::::::::::::::::::::/        バッハ、ベートーベンに並ぶ最後の一人がこのブラームスだ。
         ヾ         ノ::::::::::::::::::::::/
            \      /::ヽ、.:::::::::::::/
            /::ヽ_ /:::::::::::::::ヽ.,_::::|
              |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           |::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


.

998 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:29:04 ID:XFNze2bg




               ー━ー-
              ′     \                 いま渡辺謙のでてるDOCOMOのスマホのCMで
              /         ヽ
               /   _       |                ブラームスの曲が流れてるな。
           /   /∧       !
          ,、f  <V//∧     /           _ _
           / ヽ  \V/∧ _ムi f     iヽ.  //// ,-
       _./ヽ   \  入V/Y i (      ノ j._ノ {///, ク     アレは彼の代表作、交響曲第1番の4楽章だ。
     ,´    \  \ ハ_ V/j  `\    f  ´   `,:´/      http://www.youtube.com/watch?v=fhHb-62BfpI
   /       ゝ.  >、i ´    i    i        /
        ≧=、  N/、/ `∨    j   /    ./
      ,イ´     ヽ、 i {ノ、. f   /   /   /´
     /          ハ ヽ! ヘj   :゙  /i  ./
    /         `,i  /_  .!/   ! ./
   、j           ハ /´⌒`ハ    ! /
    \               i__    i    レi
      \          .人`ヽ  |


.

999 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:29:19 ID:XFNze2bg




          .  / ̄ ̄\
          ./ _ノ  .ヽ、\      さて、“ 演奏会用序曲 ” とは何か。
          .|  (●)(●) |
.          .|  (__人__) .|      序曲については先ほど述べたとおり
           .|   ` ⌒´  ノ       オペラに付随した、物語そのもののイメージを喚起するものである。
           ヽ  ._   .}
            ヽ_/ } . ノ
            /、 〈  く
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |







                       , -、
                  , -   / /
       / ̄ ̄\      / ノ/ /      “ 演奏会用 ” とある通り、この種類の序曲は
     /ノ,、\_  \    / / /`ヽ      物語には即しているものの、舞台用に作られたものではない。
     ( ●)( ●)    |   {    (__/}
    (__人__)     |   {    (__/}     よって後に続く劇が無く、コレひとつで完結するものである。
     (`⌒ ´     |   /     (__.ノ
      {        |   /   ,;-ー'´
      {         /  . /  . ノ          作られるようになった経緯はこれも前述のとおり演奏会で
       ヾ      /  / ./           序曲のみが取り上げられることが多かったからのようだな。
       ソgヘ二ニ=7./  /
      ∧ii/ oィ/厂  /
     / .|//=≠. r'´               コレが後に、「 我が祖国 」 のような交響詩へと発展していく。
     l  |。     `~/
     /  |。      /


.

4 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:30:00 ID:XFNze2bg





        / ̄ ̄\
      / ノ  \ \/`i        そういうわけで、演奏会用序曲は
      |  (●)(●)./  リ
     . |  (__人__)..|  /
       |   ` ⌒´ リ  ヒ         物語や情景描写を主とした標題音楽である。
     .  ヽ     //  ,`弋ヽ
        ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
        /〈  `ー〈::....ノ   V
        | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
         |    フ-、`ー┴‐-〃
              `ー‐一′






                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\        さて、この 「 悲劇的序曲 」 だが、制作経緯がちょっと特殊なんだ。
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|
                 |   ` ⌒´  ノ        ブラームスはドイツのブラスレウ大学から名誉博士号を頂いたので、
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }         お礼に 「 大学祝典序曲 」 っつー曲を書いてプレゼントした。
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).    それが明るい曲だったので、対になる暗い曲もつくった。
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´



.

5 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:30:17 ID:XFNze2bg




              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \    この曲に関してブラームスは
         i !  |  (●)(●) |     「 特定の悲劇を現したものではない 」 という。
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ    表現力と言うよりはどちらかと言うと構成重視の曲でもある。
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ








        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|              だが、この曲にブラームスの本質が見え隠れする気がする。
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|              ドラマチックな始まりと終わりを迎えるが、
     |: : : ´"''",        "''"´ :l               「 理不尽な悲劇 」 に嘆き悲しむ曲には感じない。
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__       俺には強大すぎる壁を乗り越えようとする
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__   勇者の曲のように思えるのだ。
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|


.

6 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:30:29 ID:XFNze2bg




             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ         ブラームスには壁があった。
            |  (●)(●) |
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }          当時から最高の賛辞を得続け、現在もなお頂点に立つ男。
          __,, -ヽ     ノ -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .     ベートーベンを強く尊敬し、意識し続けていた。
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"






             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |        しかし、ベートーベンを強く意識するあまり、
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |         ブラームスは交響曲を書けなかった。
           {         |
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、        ベートーベンはすでに第9を発表しており、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_      それを超えるものでなければ、作曲する意味は無いと考えていたようだ。
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.

7 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:30:41 ID:XFNze2bg



         / ̄ ̄\          交響曲については面倒なので説明しない。
        / _ノ  ヽ、_ \
      . | ( ●)(● ) |
      . |  (__人__)  │       例えるなら交響曲とは長編オリジナルやる夫スレみたいなもんだ。
        |   `⌒ ´   |
      .  |           |         しかもブラームスとベートーベンはジャンルがカブってた。
      .  ヽ       /         そんな感じ。
         ヽ      /
         >     <             そうすると原作付きはオペラあたりだろうか。
         |      |             なお、ここで良し悪しを語るつもりは無いのであしからず。
          |      |



.

8 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:30:56 ID:XFNze2bg




           (⊃ ̄ ̄\
         (⊃   _ノ  \         そうしてブラームス先生は20年掛けて一曲を書き上げた。
        (⊃   ( ●)(●)
         |     (__人__)         途中全部破棄したり、色々短い曲を書いたりしながら
         |     ` ⌒´ノ         ようやく書き上げた。
           |         } \
         /ヽ       }  \
       /   ヽ、____ノ     )
      /        .   | _/
     |         / ̄ ̄(_)
      \   \ /| JJJ (
       \  /   /⊂_)




──────────────────────────────────────────────────
     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /                    ┼──────────────┐
                 ,-‐-、  /   /                曲は素晴らしいものだった。
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /                観客からも絶賛を浴びた。
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、                  └──────────────┼
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /          /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i             /
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<.j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |
──────────────────────────────────────────────────

             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●)         そのクオリティから
          . |     (__人__)         「 これはベートーベンの第10番だ! 」と
            |     ` ⌒´ノ         絶賛する人もいた。
          .l^l^ln        }
          .ヽ   L       }
            ゝ  ノ    ノ          ブラームスにとってそれが賞賛だったか皮肉だったかは知らないが。
          /   /     \
         /   /        \
       . /    /        -一'''''''ー-、.
       人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


.
.

9 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:31:07 ID:XFNze2bg




       ., ──‐、
      /     \           そんで休養してー、2番も1年で書き上げてー、
.     .|     _ノ  ヽ          絶賛されてー、名誉博士号を送られてー。
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄     あんた人生絶頂じゃねえの?
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫       そんなときにブラームスは 「 悲劇的序曲 」 を書いている。
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄















                        ,xif斧lll圭圭才''
                     ,.x幺lllll圭才"´
                   ,x幺llll圭才´
                 ,ィ劣圭才´
               ,ィ劣l才´
     / ̄ ̄\    /{}{ア´       彼はまだベートーベンの呪縛から逃れてなかったのかもしれない。
.   ./   _ノ  ヽ  /㌢´
    |    ( ●) (●) ll/
    |      (__人__) lll           自分と戦っているのだ。
    |     `⌒´ノ {{,
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)          なんとなくそのようなものを感じながら聞いている。
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



.

10 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:31:20 ID:XFNze2bg



┌────────────┐
│  12.Imperial March    │
└──http://www.youtube.com/watch?v=8VwkyrTb6go





                  ┌────────────────────────────┐
                  │            ,....-r::r‐:::-...                       │
                  │           〃.:::::l:::|:::::::::::::::ヽ                    │
                  │              ii::::::::::l:::L.:::::::::.、:::.                   ..│
                  │              jj, -‐'::ー', =ミ::.\',   < 広報。          .│
                  │              /〃⌒i}::::{、_:::)::}:::.\                  │
                  │            ;:::i{ゝイ::Y^Y::::::::/.::::::::::.ヽ                ...│
                  │           ;::::::.〈:::://l l l\/.:::::::::::::::::.ヽ   ___          .│
                  │           ::::::::::∨=-‐==7ヽ::::::::::::::::::::〉  {::::::::.\        ..│
                  │          i|:::::::::::.\/////.:::::::>==ミ:/   \:::::::::.\       │
                  │           乂::::::::::::::.∨///.:// ̄/⌒>‐- >...:: ̄::`丶、   │
                  │           `¨¨フ777.:://.::,=ミ/.:::::/.::::::::::::i{::::::::::::::::::_:::}   .│
                  │            _ . イ:::::/:/:/.:://.::::{::::::.\/.::::::::::::::::/ヽ.二ニ≠::::::/   ..│
                  │        /  //.:::/:/:/.:://.:::::/\::::::.`ァァ‐-<::::i{:::::::::::::`:::く     .│
                  │.       /  //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/\::::::::::::::::::::::::::ヾー-::::::::::::::i  ......│
                  │       /  //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/.:::::::}ー--:、:::::::::::::::::`¬:::::::::::|   ..│
                  ,, -‐ 、      \//.:::/:/:/.:://.:::::/:::::斗==:{:::::::::::}:::::::::::::::: ___フ.:::::|   ..│
                  /'    ヽ.  ../l/.:::厶::-‐==≡i|゙::::::::|:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::: i(:::::::::::::::::::|   ..│
       / ̄ ̄\      ./      i....../.::{:::::i|⊂⊃ [].:[].:.:i|゙::::::::|:::::::::::::::.\:::::::::::::::::ヾニニ=-:::ノ   ..│
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........il./.::::{:::::i|⊂⊃ . . : :.:.:i|゙::::::::|:::::::::::::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::::::/     │
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|....────────────────────────┘
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/       スター・ウォーズより 「 帝国の行進 」
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/        映画音楽界の巨匠、ジョン・ウィリアムズの作曲だ。
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
.

11 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:31:31 ID:XFNze2bg




            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\         有名な映画をかなりこの人が作曲してる。
          |  (●)(●) |
          |   (__人/,〉.|         「 ジョーズ 」、「 ジュラシックパーク 」、「 インディ・ジョーンズ 」、
          {   ´フ´ ./._ }         「 プライベート・ライアン 」、「 スーパーマン 」、
          ヽ  ./,二ニソ}         「E・T」、「 ホームアローン 」、「 ハリー・ポッター 」
          _ヽ/  ,-― 、}ノ
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}       ……等々。
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、     クラシック風かつ壮大で明快な作風。
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj      まあ一言で語れるものではないが。
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/



.

12 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:31:44 ID:XFNze2bg




     ┌──────────┐
     │  13.Allegro vivo  ....│
     └──────────┘




               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \      実は帝国のテーマとしてはこちらをイメージしている。
             |  (●)(●) |
.             |  (__人__) .|      「 Allegro vivo 」 は音楽記号 「 生き生きと速く 」 と言う意味であって
        r、      |   ` ⌒´  .|      曲名ではない。
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /       たとえばチャイコフスキーの交響曲第4番第1楽章のラスト、
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ      最後のクライマックスではそのように指示されている。
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´







            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \      チャイコフスキーは6つの交響曲を書いているが、
          |    ( ●)(●)     そのうち4番、5番は強く運命を意識している。
         . |     (__人__)
           |     ` ⌒´ノ
         .l^l^ln        }        4番では降りかかる運命に立ち向かう曲を。
         .ヽ   L       }.        5番では日常でも常に傍に居る運命の曲を。
           ゝ  ノ    ノ
         /   /     \         それぞれの1楽章を個人的に
        /   /        \        帝国のBGMとしてふさわしいと思っている。
      . /    /        -一'''''''ー-、.
      人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



.

13 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:32:00 ID:XFNze2bg




               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}      4番では冒頭から金管群によって強く運命の主題が演奏される。
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ     http://www.youtube.com/watch?v=S-c1LLZaVCA( 第一楽章 )
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ






                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (●)(●) |       5番ではあくまでも静かに、だが凶兆的に運命を示している。
.                |  (__人__) .|
                 |   ` ⌒´  ノ            http://www.youtube.com/watch?v=HrsnIXoYSYc
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´



.

14 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:32:10 ID:XFNze2bg



             ., ──‐、
            /     \
      .     .|     _ノ  ヽ            4番の1楽章が過去編の帝国。
           |     ( ●) (●)
           |       (__人__) , -―ーっ      5番の1楽章が現在の帝国のイメージ。
            |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
      .      ン         } ゙| ̄'|
          /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
      __/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
      | |  /   /    r_____ ∬
      | | /   /      |i    ┌‐┐
      | | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄










           / ̄ ̄\
      .   ./   _ノ  ヽ
          |    ( ●) (●)       あんま喋りすぎても無粋だよなあ……。
          |      (__人__)  ∫
          |     `⌒´ノ ∬
      .   ヽ         } | ̄|
           ヽ     ノ |_|)
      ____/      イー┘ |
      | |  /  /     ___/
      | |  /  /      |
      | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|








           / ̄ ̄\
      .   ./   _ノ  ヽ
          |    ( ー) (ー) ∫
          |      (__人__)∬
          |     `⌒| ̄|    ズズ
      .    ヽ         |_|)
      ____/      イ` | リプトンウマス
      | |  /  /     __」
      | |  /  /      |
      | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


.

15 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:32:24 ID:XFNze2bg




       ┌────────────┐
       │  14.破滅への使者    .│
       └──http://www.youtube.com/watch?v=aFZVodkj9AE



            ___
.         /     \
        | _ノ ヽ、_  |            FF9の実質ラスボス戦、トランスクジャとのバトルで流れる曲。
        |(●) (●) .|
        | (__人__)  |            パイプオルガンの音とベースがかっけえの。
       _| `⌒´   |、- 、__
.     r..´:ヽ      /:|:::::::/ヽ
.      | ::::::::|\  ./:::::/:::::/ ::::::|       FF6のラスボス戦 「 妖星乱舞 」 でもそうだけど
.     !、 :::::l/|二|ヽ、/:::::/::::::::::|       オルガンを使われると一気に宗教要素が増す気がする。
       |::∨ ::::|  ∨::::::::/ :::::::::/
       ∨∨゙::|   .∨:::::|::::::::::/
.         | ::∨:|    | :::::|::::::::::|
.        |:::::l ::|  /| :::::|::::::::::|          だってクラシックでのパイプオルガンって
.         | ::::|:::|    | :::::|::::::::::|          教会音楽か宗教音楽の象徴だもん。
       | ::::| ::|  / .| ::: |::::::::::|
      /::::/::::|/  | :::::|::::::::::|、
      〈 ::/ :::/   〈 :::: |::::::::::|/







.                   / ̄ ̄\
           -、      /  ヽ、_  \
         /  /      (●)( ●)   |     同じくクジャのテーマである 「 背徳の旋律 」 と迷ったがこっちに。
          |  ,       (__人__)    |
          l  |      ( `⌒ ´     |     前奏は同じだけど 「 背徳の旋律 」 のほうが悪巧みしてる感じ。
      ┌―}  l  .     {           |
      ┌‐| lノ   〉      {        ノ      「 クジャのテーマ 」 も同じ旋律だがこっちはピアノでおとなしい曲だ。
    「1( ̄ `ヽ /        ヽ     ノ―┐
    └イ ̄フ  {          小  ´   /  l
      l 〈   ノー- 、     /」、__ム |  └i
      ゝ _ノ   /\ / /   r┐! l    \
         |      /  |'  //⌒Vー'| 厂\  \
       \  r'´       ,//   l  / /   \  \
            ` <. __///   / / /    /   /




.

16 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:32:44 ID:XFNze2bg





                / ̄ ̄\                                 メロディ
              / _ノ  .ヽ、\         このような、特定人物に対し同じ旋律を使う技法は個人的に好きだ。
              |  (●)(●) |
.              |  (__人__) .|         サガフロ2でも時代、状況によって曲想を変えつつも、
               |   ` ⌒´  ノ         同じ情景で同じ旋律を使う方式を採用してるな。
.        r─一'´ ̄`<ヽ      }
.        `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、                  イデー・フィクス
         ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).     このような技法を “ 固定楽想 ” あるいは “ ライトモチーフ ” という。
.         /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
       (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)    リヒャルト・ワーグナーが好んで使った手法だ。
          / // / /         . . \_\_)、_)
         ー' {_/ノ              ."´











             / ̄ ̄\
            / _ノ  ヽ、_ \
          . | ( ●)(● ) |      ……サガフロ2はやっぱり変奏曲に近いかもしれない。
          . |  (__人__)  │
            |   `⌒ ´   |
          .  |           |       変奏曲は同じメロディを形を変えながら何度も演奏させる作曲法だ。
          .  ヽ       /
             ヽ      /
             >     <           まあ、分類なんか意味ないよネ!
             |      |              大事なのは自分が好きかどうかだよネ!
              |      |





.

17 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:32:55 ID:XFNze2bg



              ┌──────────┐
              │  15.新世界より  .....│
              └──────────┘





                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i         ノイエン・ヴェルト
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i        『 新世界 』 ってかくとかっこいい気がする。
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''

.

18 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:33:10 ID:XFNze2bg

                             _,,.
                               ‐ 二   l
                              ̄ ll
                                ll
                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r--‐---‐---‐---‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ-、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ-、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \      1893年、日露戦争直前の頃
      |    ( ●)(●)     チェコ人のドヴォルザークがアメリカで書いた曲。
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }     アメリカへは新しく出来た音楽院に院長として招待されていった。
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



.

19 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:33:25 ID:XFNze2bg




                , '⌒ヽ、     / ̄ ̄\
            /    ,. -ヽ  ./ ノ  \ \      ちなみにこの新世界とはアメリカ大陸のこと。
     __     | 、    ノ__ .|  (●)(●) |
 /´    `ヽ._/   `ー/´  ヽ.|_  (__人__) .|      コロンブスが新たに発見した大陸をこう呼ぶ。
/            \  /       / `ヽ ` ⌒´ |
{        ,.     y′     /   /ヽ    ノ
丶. _ .. -‐ ヘ    /       /    /   }  /
          ヽ            /    /   l  ヽ          ヨーロッパは旧世界な。
           ` ー、               .ノ .. |
            ヽ.__         /  ... |
               丶--―‐--'´

                      ___
           __       xwx‐'´   '=─ぇ___r=-、__        _
        / ̄ `''ァ_,z─¬′                ̄ ̄¨\ /   ̄¨¬¨¨`ー─── 、
       r'´ /|__,.                    ___  _,.´V `7           /⌒' r‐、_
    rj幺 XzZr'   Old one's            厶  |_/..     _>'´ ̄`ヽ.       }__r'   \
      r'´    __   _               /ト ,:'   ` ' ' ゚ ´      ゝ.          _,,.-'
     rー' r-、 ッ、_厶ア  〈〈 °           ,.' rァ''´               |  New world /
    弋z乏X`': └┐  Ll           々ノ _zノ                 V        /
.   /    `''^'''ヘ∨ x_           } ...;                   \    ,-=-j'
   /        ∧',   〉 ̄V  r‐、   r─'′             ヽ        \ |_rァ ::...
.  {          \zZ   | f´  丁_)  ;Tl       '                `''‐、¨|_ ̄__''';;
.   \_,..,_        /   :∨o   j}’ r、.ヾ . . 。.  . '                   ̄}´ `ヽ.__
       ; |      /         マッ 〔_ノ『公ー、_. . .  ' ''                 '''  |      `ー┐
        ∨     |           `-=-  ヽー'` : : .   '                  |        ,ノ
        〈    r' /!             /^′∨|   :   . ''    。            ヽ      |
        ∨  / Ll            f´      \           ' ' . .  . . .    ,|    r'''´
           }_/               |_r‐ 、   /   rj                   .|   _/
                               `ー'   Ll                    |  r‐’
                                                          | /
                                                         |_f


.

20 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:33:36 ID:XFNze2bg


                                , '"~. : .: .:.: .:. .; ; ,;ノ
 ノ⌒`'"~"'ヾ ,、                      ,ノ    . .: .:..:,. ー '"~
⌒       爻、`'"~')、.,_,..、             ノ.;, :. .  . .:.::.ノ ゙爻ミ、
.,_,.)'^`   、彡ミ,      ⌒):、,_   _    ,..'". .:.:.::. . . .:.::..)\彡ミミ_
       _爻爻ミ_ノ'`"~⌒ 'ー- ー' ~`   (  . . .:.::;;;._,,...'"爻彡ミミ、_
'ヘ.ノ^ヽ.,' =爻彡ミミ、_                 ) . .:. .:.:;;.;;;.:.)  ;シ彡ミミミミ
     _,爻彡ミミ;x_    、         ノ . ..:.::.:;;;.;.ノ彡ミ 爻爻彡ミミミ=
   爻、 ,彡ミミミミミ=- ::  ,爻、      (  ,..-‐''"~ ゙爻爻ミ ゙ミ彡ミミミミ、 ,爻 , ,.ノ  、  ドヴォルザークは鉄道マニアでもあった。
:.  彡ミV彡爻ミミミミ、 .::::. ,彡ミ、_  .::.     )ノ      ,゙=爻ミ-ミ;:'ミミ彡ミミミ彡爻 l (● ●
::::ィ爻爻ミ;:'爻爻彡ミミ;:::::;ィ爻爻ミ、.:::::.. .   (;;;)       ,ミ爻ミ彡ミ;:゙彡ミミミミ爻   |  (__人)  それがアメリカに行く決め手でもあったっぽい。
:::;爻彡ミミ;:'彡}爻ミ-ミミ;:::;=爻彡ミミ;::::::;    |.:i|       爻爻ミミミミ;:`爻ミミミミ爻;:  ヽ    ノ
:;爻彡ミミ彡::゙ミミミミ=爻彡ミ爻ミ彡ミミ     |.:i|  .:::: メ爻爻爻ミ=::彡ミ彳ミ;:爻;:  ( ー‐、r‐')  給料もよかったらしいぞ。
爻彡ミミミミ;:'爻};;'彡爻ミ爻爻彡ミミミ ..::::: 〔...;.〕 ...::::::: ミ爻彡ミミ{ミミミミミミ:;爻;:    〉 l⌒l ̄|
爻爻ミミミミ=;´爻:彡ミミミミ爻; ,.r'"´  ̄| ̄〔`二´〕 ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄(__|___|/ ̄〉 ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ `ヽ
爻爻彡`、v,..v、゙ミミミミミミミミミ/     i:           i   i   i  i ((:::::))((:::::)└ヘ__)/i   i  i   i   i  i   .||  ||:|
ミミv;;ミ゙'爻爻ミ;}..v、yfミミ爻ミ l ┃ .::   .:i:   l´`l_     i   i   i  i   i   i  i  Lノ i   i  i   i   i  i   .||_||:|
゙':;ゞ;爻彡;yゞ;fゞ;”〈oヾvミ __」.┃「:!   i:    l二l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .|| ̄||:|
'' ;~ ;f^::;”v:";y;''゚   [〕Yff:::!   |:|; (O)  ((;;;;;;;;))__ 」__ 」 __」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 _ ||_||:|
";: ;: ;: ;:  ; : : ;; :;  _」f1;:;:;!.   ;   i;;  ;,`〒´ : 二ニニ工工工||王王王||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭|| ̄||:|
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''〈.:.:l.:;:;:;:;;',   ;  ..i;    ,.イ;;;:;;;:;:;;;;:;:;;;;:;:二ニニニニ===━━━━━━━━━━━━━━━━===||_||:|
:;   . ;: ; ; '', ;' '/ヽl;;;;;:;:;:;:',__ _レイ[fff〕==:クニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニ || ̄||:|
_______/,//\;;;;;;;:;:;:fjfjlイ;;;;;:;:'"´ .: :;:;;:;:;:;;:;:;:;:;; :; :;:;:;:;:;:;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:; ;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;:;:;;: ;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:,;;:;:;;:;:;;;||_||:|
‐‐‐‐‐‐ ‐ ‐ ‐ ‐ 〈:\///\;;;;:;:l」」:;;.   :::[!:::三||三三三三三||三三三三三三||三三三三三||三三三三||三三三三三|| ̄||:|
           \\ ///;;;;;;;/ニiニiニ.:__: fi;   fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;    fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;   fi;; fi  ||::::l||」
.              \\l圭圭;;;;;;;;;;;;;;:;:;.:.:.:.:{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;;{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;{三米三};;;{三米三}
__________\| ̄`(◎)__ _ __ ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´




.

21 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:33:50 ID:XFNze2bg



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i''i~7ニニニニニニi~i''!´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;i''i~7ニニニニニニi~i''!´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |.ll |        l | |         |.ll |       l | |
              |:|!|_____|;|l|          .|;|!|_____|;|l|
              lニl  ̄ ̄ ̄ ̄.|ニl           lニl  ̄ ̄ ̄ ̄.|ニl
              | l|       l:l.l|           | l|       l:l.l|
       ./´/`l  l. ||_____|| l|;  ./´/`l  l. ||_____|| l|   ./´/`l
     / ./   | . ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~ / ./   |  ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~' ./ ./   |
    / ./    |ニニl._,       / ./    |ニニl.__       / ./    |ニニl.__
  / ./    / .:::::::/|____/ ./     / .:::::::/|____/ ./     / .:::::::/|_
_ l^l^l     ./ .::::::::/ /     l^l^l     ./ .::::::::/ /     l^l^l     ./ .::::::::/ /
_ |:l|l:|   / .::::::::/ /        .|:l|l:|   / .::::::::/ /        .|:l|l:|   / .::::::::/ /
_ |:l|l:|. /.::::::::::/ /         /|:l|l:|. /.::::::::::/ /         /|:l|l:|. /.::::::::::/ /
ニ|:l|l:|ニニl_,/ /      _,lニニ|:l|l:|ニニl_,/ /      _,lニニ|:l|l:|ニニl_,/ /
:::::::::::::::::::::::::|/       |::::::::::::::::::::::::::::::::::|/        .|::::::::::::::::::::::::::::::::::|/
  ̄ ̄ ̄ ̄             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \         なかなかのド変態でな。
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)         乗ってる時の振動や音で
   |     `⌒´ノ         列車のどの部分が故障してるか分かるレベルだったらしい。
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃        実際に駅員に指摘して感謝されたこともあるとか。
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|


.

22 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:34:06 ID:XFNze2bg




          ., ──‐、
         /     \            ま、ホームシックになったりするんだけどね。
   .     .|     _ノ  ヽ
        |     ( ●) (●)          最後のほうは早く家に帰りたくてしょうがなかったらしい。
        |       (__人__) , -―ーっ
         |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
   .      ン         } ゙| ̄'|        新世界はそんなときに作った曲だ。
       /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
   __/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
   | |  /   /    r_____ ∬
   | | /   /      |i    ┌‐┐
   | | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







        / ̄ ̄\                 、、
   .   ./   _ノ  ヽ          「 新世界より 」 ってのは故郷のボヘミアに向けてのこと。
       |    ( ●) (●)
       |      (__人__)  ∫      僕はアメリカで楽しくやってますよ、
       |     `⌒´ノ ∬       学んだことの成果を見せますね、みたいな曲。
   .   ヽ         } | ̄|
        ヽ     ノ |_|)       黒人霊歌の要素がふんだんに盛り込まれてて、
   ____/      イー┘ |       心にクるメロディラインが特徴かな。
   | |  /  /     ___/
   | |  /  /      |
   | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|









           / ̄ ̄\
      .   ./   _ノ  ヽ
          |    ( ー) (ー) ∫      この曲がまたウケた。
          |      (__人__)∬
          |     `⌒| ̄|        交響曲の中じゃあ世界で一番
      .    ヽ         |_|)       演奏されてんじゃねえのってくらい。
      ____/      イ` |
      | |  /  /     __」       ベートーベンの 「 運命 」 とどっちが多いかな。
      | |  /  /      |
      | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


.

23 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:34:23 ID:XFNze2bg





   ┌────────┐
   │  終わりに    .│
   └────────┘



               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |           ───ま、こんなところか。
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
         /        \ ._|_____      Intermezzoはもっと適当なので無しで。
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ







          / ̄ ̄\
         /  _ノ  ヽ
         |  ( ●)(●)         ま、内容はそんなに間違っては無いと思うけど、
           _|    (__人_)
     r.:.:'"´/::|.    `⌒´|、_         何も考えずに書いたので読みづらかったと思う。
    ハ::::::/__:'ヽ_.    _ノ.:.:/
     |::::',:::::::::'‐-ヾ' 7Υ} ...:.:{.         最後まで読んだ方はお疲れ様でした。
    }>‐'、:::::::::::::::∀.,ィt!.,へ:!
    }, -‐'―__,. - '´ 'ツ/(三ヽ
    Y ´ ̄__,.. -‐r-イ/`tミ_ソ
.    └/⌒`ヽ、::::ノ::::ヽ`ー'´ __ ,. --‐、
     /    ヾリト从ン'´ ̄      ',
____,{   .:.:./ハ人/_,,.. -―_ッi:..   .:!
    |  :...:.:.//`""""´ ̄ ̄´ |:.:.  .:.:{―-、―
    |! .:.:.://〉         〈 :.:. /.:ノ
    |l .: ///!          }! :.  :|
    ||  / / ,!            |'、   |


.

24 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:34:34 ID:XFNze2bg




        / ̄ ̄\
      /      \.........:::::::::::...
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)      興がのったらクラシックを
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.      聞いてみるのもいいんじゃないかな。
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.        堅い解説しちゃったけど
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ        聞いて自分がどう感じるかは自由だし。
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉









                       __
                          /    ヽ
                     i_.ノ 、_ i
                        (●(●). |       それではまた次回、本編でお会いしましょう。
                     |(人__) iハ
                     ヽ___.ノ./:ilヽ、     さようなら。
     (⌒,                /:i><./.: .:.:.:.:..ヽ
      ヽ               j:!/i'´ヘ/.:.:.:/⌒`
        )               ,i!/! ̄:.:.:/'.:.:.:.:.:.:i
      , _' _、              .j'.:.:.:.:.:.:.:.:.j'.:.:.:.:.:.:.:.i
:: : : : : 《〕ー--イ` <        /j.:.:.:.:.:.:.:.:.f.:.:.:.:.:.:.:Y
:...: : (´ `ゝ--<δ)::.`<    _/.,j°.:.:.:.:.:..:.j.:.:.:.:.:.:.:.:j
: : : : ` ー── ´ : : : : _> r'´ Y j.:.:.:.:.:.:.:.:_f.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
>ー――==≦ ̄ ̄  .ト、!゙_f_j゙.:.:.:.:.:.::::j、ヽ、_:.:.:.:.:.;!
        !ソ´     _,..ー<`li:.:.:.;>.:`:.:.:ヾ!.:.:.:.:/
         >..:≦、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ!/.:.:.:.:.:.:.:.:.:j>ーナ
       /゙:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ/.:.:.:.:.:.:.:.;>".:.:r'´
       .:.:.l!:.:.:.:.:.:.:..ゝ:..、:._r'´ `ヾ:.:.:.>ヘ:.:.:.:.:.j
     /.:.:.:.!:.:、:.ヽ>ーf¨ `i@j>´.:.`´.:.:.:.:.:.゙:;/
     /.:.:./.:!.:.ヾ{ー゙   i_r //.:.:.:.:.:.:.:.-.:フ
     .:.:.:..:.:./.:.:jリ`    У彡".:.:.:.:.:.:-ナ^′
   /.:.:.:.:.:.:.:.:./     i/≧三≦、r-'′
   /.:.:.:.:.:.:.:.:/      !:.:.:.:.:.:.:.:.:≧゙ヽ、
  j:.:.:.:.:.:.:.:.:/         \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.\
  /.:.:.!i.:.:.:.:/            i\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..、
                                           おわり

.

25 名前: ◆bcvHMd6EqQ[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:34:57 ID:XFNze2bg

以上です。
本編はもうちょっと待ってね。


26 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 21:36:41 ID:mhwBVC7E

乙でした!
やっぱ音楽は何も考えずに聞いてても楽しいし、背景を調べても面白いよね。


27 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 22:05:26 ID:ghh49exU

おつ
フロ2だけじゃなくアンサガでもそんな感じだったね


28 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 22:17:31 ID:N.e8iubk

面白かったです、乙です
ホルン吹きさんだったのか


29 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 22:17:37 ID:vG9brB3g

乙でしたー
面白かった


30 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 22:55:51 ID:uPuZ5JEU

おつー
いろいろ聞いてみるー


31 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 23:39:59 ID:OK3Tlev2

乙!
面白かった!!


35 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/12(土) 04:59:34 ID:fl//BBl6

乙~。


36 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/11/12(土) 21:32:57 ID:3ZscCtQk


やっと全部聞き終わったー
分類なんか意味ないと思いつつも、ついやってしまう気持ちは良く分かるぞ




ホルスト:惑星(冥王星付き)ホルスト:惑星(冥王星付き)
(2006/08/23)
ラトル(サイモン)、ベルリン放送合唱団 他

商品詳細を見る

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
カテゴリ(文頭の"やる夫”等を省いた五十音順)
全記事表示リンク
カウンター(ユニークアクセス)
最新コメント


出合いの情報局
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。